2014年04月15日

一畳ほどの春。

写真.jpg

鉄人のスタジオの玄関ドアの横に庭がある。否、畑がある。広さは畳一枚ほど。家の玄関横にも庭がある。否、畑がある。これは畳二枚ほど。これが我家の庭、否、畑のすべてである。

こんな猫の額、否、ミミズの額ほどの畑にも春は来る。シンボルツリーのやまぼうしにも若葉がほんの少し出て来た。金木犀の若葉はそろそろ剪定が必要なくらい伸びている。

かみさんは毎年春になるとこの狭い畑にプチトマトの苗を植える。かみさんは植物を育てるのが上手い。お陰で毎年たわわに実ったプチトマトを食べることができる。

家で育てたプチトマトはとびきり硬い。そして美味い。ガリガリと食べている感覚である。わずか数本苗を植えるだけだが、それでひと夏分のプチトマトが賄える。ミミズの額ほどの庭、否、畑でも役に立っているのだ。

一句。

庭畑 一畳もなし 韮植うる  にわばたけ いちじょうもなし にらううる

                                 鉄人

推敲。

庭畑 一畳もなし 葱植うる  にわばたけ いちじょうもなし ねぎううる

                                 鉄人

posted by masa at 00:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。