2014年02月21日

コンサート。

写真.jpg

今夜は、クラシックのコンサートに出かけていた。鉄人、柄にもなくクラシック音楽は意外と好きである。クラシック音楽のレコードやCDをそれなりに持っているが、今回は久しぶりの生演奏を聴ける機会であった。

実は今回の演奏会のチケット、かみさんが応募して当てたものである。最近のかみさんの強運さは神がかっている。また見事に当てたという訳。ついには我が社の今後の方向性も彼女のご神託に従う様になった。鉄人の無い頭であれこれ思案するより、かみさんの感の方が好結果を生む様な気がしているのだ。

広響が誕生して今年で50年になる。広島人は結構クラシック音楽のファンが多く、広響も安定した活動を続けている。小さなクラシックのコンサートは至る所で頻繁に行われている土地柄である。

今夜の演奏は3部門に別れていた。最初は室内音楽風、次にモーツァルトのヴァイオリン協奏曲、最後は金管楽器をフィーチャーした交響曲であった。クラシック音楽が好きとはいえ全然詳しくない鉄人。二番目に演奏したモーツァルトしか知らなかった。でもやっぱりモーツァルトは別格である。それだけでも来た甲斐があった。

かみさんもモーツァルトはやっぱりいいねと感動していた。素晴らしい演奏会であったが、個人的には何処かに遊びがあってもいいかなと。鉄人はクラシックも好きだが、ジャズがそれにも増して好きである。ジャズの生演奏は即興が命である。もう二度と同じ演奏は聴くことができない、一期一会の醍醐味がある。

今夜の演奏も一度きりには違いがない。でもプロならではの確かな演奏と聴き慣れている聴衆、そこには「あうんの呼吸」みたいなものがあって、お定まり感がちょっとした。

帰りにかみさんが気に入っているラーメン屋の「すずめ」に立ち寄る。何時ものラーメンを啜る。このお定まり感は悪くない。






posted by masa at 23:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。