2014年02月10日

黒田官兵衛。

「小商い5」

DSC_0140.jpg

今年のNHKの大河ドラマは、「黒田官兵衛」である。鉄人、戦国武将の中で、最も好きな武将のひとりだ。

彼の戦国での存在はドラマに譲るとして、鉄人が興味があるのは、彼の人間性である。戦国時代の武将であるから、その人生が戦の連続であったのは仕方のないところであるが、彼はキリシタン大名であり、晩年、出家もしている。ただ戦をするだけの武将ではなかった様だ。

彼の別名「如水」は、出家後の名前と言われている。「如水」と号した理由は諸説あるのだが、「権力や武勲、手に入れた領地、それらのものはすべて水の如く消えていく、水泡に帰するものだ。」ということで名付けたらしい。彼はそれらのものが空しいものだと理解していたのである。

それと如水に興味がある理由がもうひとつある。どうも鉄人の先祖と繋がりがある様なのだ。鉄人の曾祖父の名前は、「小西クジュウロウマサモリ」という。豊臣秀吉の家臣のひとりであった小西行長の末裔だと子供の頃から聞きながら育った。

行長本人は、関ヶ原で破れ、京の五条ヶ原で斬首されたのだが、彼の弟の子供達が生き残ったとされている。小西行長は当時、肥後(熊本)の大名を加藤清正と共にやっていたので、肉親の生き残りが熊本の地で現在まで生き延びた様だ。鉄人の父方の先祖は熊本である。あながち根拠のない話しとは言えない。

小西行長は、秀吉から朝鮮出兵などの戦を数々命じられているが、時を同じくして、官兵衛も秀吉に参謀として仕えていた訳で、関与がなかったはずはない。

ちなみに行長もキリシタン大名であった。鉄人の先祖が同じキリシタン大名の官兵衛とどんなやりとりをしていただろうと思うと、ちょっと興味が湧く。

戦は嫌だが、家来や領民を大切にし、側室を置かず正室の光だけと一生を添い遂げた黒田官兵衛の人間性は、現代にも通じる立派な人となりだと思うのである。
posted by masa at 00:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。