2013年12月06日

歯医者。

「大根」

2001_1208_162156AA.jpg

甘利明経済再生相が早期の舌ガンとのことである。このニュースを昼間テレビで観て、鉄人、ギクリとした。

舌ガンを患う理由として、飲酒、喫煙、ストレス、歯並びの悪さなどが上げられるらしいのだが、その中の「歯並びの悪さ」がちょっと引っ掛かったのである。

歯並びの悪い人間は、常時歯が舌の何処かに触れ、それが炎症を起こし、長期間それを放っておくと舌ガンになる可能性があるのだそうだ。

鉄人、歯並びが悪いというより、以前歯を治療した時、途中で治療を止めてしまい、治療中の歯がギザギザの状態のままでいた。そのギザギザの部分が舌にあたり、ちょっと腫れたり痛い思いをしていたのである。

ギクリとした鉄人は早速近所の歯医者に行った。先生に診てもらったところ、舌は大丈夫だったが、治療をサボっていたツケで、虫歯が大穴になっていた。

痛くはなかったのだが、治療が始まると何故か痛み出した。麻酔を打って治療を続ける。眼に涙を浮かべ、自分の唾液に時折嘔吐きながら大口を空け続けている様は、色男が台無しである。

今日の治療はギザギザをちょっと削って大穴に詰め物をして終了。先はまだまだ長そうだ。またサボったりして。やっぱり歯医者は苦手だなあ〜。
posted by masa at 22:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。