2013年09月12日

免許更新。

「オート三輪」

DSCF0003.jpg

三年に一度誕生日の前後になったらやらなければいけないことがある。免許の書き換えである。鉄人これが非常に面倒臭い。まああまり好きな人間はいないと思うが少々気が滅入るのは確かだ。

幸いなことに免許センターは鉄人の家から近い。車で10分足らずのところにある。当然遠くから来ている人もいる訳で、その人達は半日掛り一日掛りになる訳である。違反者はともかくそうでない人達にはこの時間的なロスは何とかならないものかとも思ってしまう。

で、鉄人は違反者か?そう違反者なのである。三年くらい前、一度ねずみ取りに捕まった。取り締まりの対象になるスピードを2キロばかりオーバーしていた。ところがそれをすっかり忘れていて、一般用の短い講習を受けたらすぐに帰れると高を括っていたのだ。

そうしたら「ペタン」と違反者用のハンコを押すではないか。「あれぇ〜、そうだったっけ?」思わぬ事態に落胆した鉄人は、他の違反者と共に2時間の違反者用の講習を受ける為スゴスゴと部屋に入るハメになった。

講習では当然交通事故の映像を観ることになる。大切なことなのだがやはり楽しい気分にはなれない。しかし何時何処で自分が加害者や被害者になるや分からないという現実は思い知らされる。帰りの運転が何時もより慎重になったことは間違いない。

ところであの免許証の写真、何であんなに悪人面に写るのだろう。そして三年間の自分の老化を痛切に感じる。顔の肌の張りが全然違う。自分が普段意識しているより遥かに「ジジイ」なのでる。髪の毛は後退し、眼の下の涙袋は情けなく垂れ下がっている。眼力も弱々しい。

だがこれは自然なことなのだ。またすべての生命が同じ様な道を辿る。仏陀は生命が老いていくことで直面しなければならない現実に正しく向き合う方法を教えられた。常に自分を冷静に観ることができる習慣は付きつつある。それでこころが落ち着くことができるのだ。有り難いことである。

さて次の更新まで無違反で通せるや否や。
posted by masa at 22:37| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
へえ〜!
鉄人さま 「ネズミ」 になられましたか。
「辛口は」14年ほど前に 「大ネズミ取り」に挟まれまして金10万両を召し上げられました。
その後 改心して5年ごとの免許更新です。
次の更新は出来るだろうかと高齢者的心配をしております。
Posted by ちょっと辛口 at 2013年09月12日 22:48
師匠様 いらっしゃいませ。

何時もコメント、ありがとうございます。

ネズミになったと申しましても、ほんの小ネズミ幕下付け出しレベルです。

何時もアクティブな師匠様は、車を運転する機会も多い様にお察し致しますが、連続してのゴールド、小ネズミの及ぶところでは到底ございません。

今月の24日にも出雲で仕事があるのですが、高速が出来て54号線を通らなくなりました。

何時も利用していた布野の道の駅も行けなくなりました。あの道は不便だったけど今では良い思い出です。

そちらは朝晩は随分温度が下がっているのではないでしょうか。お風邪など召さぬ様お身体ご自愛ください。
Posted by 鉄人 at 2013年09月12日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。