2013年08月07日

ごはんのおかず。

「谷間に咲く」

DSC_0398.jpg

鉄人は夕食の時必ずごはん(白飯)を食べる。わずか半膳だがごはんを食べないと夕食を摂った気になれないのだ。朝や昼はパンでも構わない。習慣というやつである。

この習慣でかみさんのご機嫌を損なう時がたまにある。今日がその日であった。今日の夕食のメインはパスタである。長男が作ってくれた。手前味噌ではないのだが、このパスタ、素人の出来ではない。長男は以前イタ飯の料理人をしていたので、本当の意味で店の味なのである。否、そこら辺の料理店の味を凌駕しているかもしれない。

本当に美味かったのだが、いかんせんごはんのおかずにはならないのだ。かみさんは豆腐ハンバーグを作っていた。生協の出来合だが結構美味い。ハンバーグといえど元は豆腐なのでこれも鉄人にとってはごはんのアテにはならない。

他にもキュウリのなますとかトマトとかあったのだがどうも違う。そんな時必ず頼むおかずがある。「竹輪かかまぼこない?」この言葉がどうも彼女の癇に障る様なのだ。

これだけ料理を作っているのにまだ何か作れと言う。ええかげんにせい!みたいな。

確かにその通りである。だが実は竹輪やかまぼこだけでも取りあえず構わないのである。鉄人の母親は仕事を持っていたせいもあり、鉄人が子供の頃あまり料理をしたがらなかった。というか好きではなかった。

作れる料理の種類も少なく、大体一週間でメニューが一巡する。そこで簡単に出せる切っただけの生の竹輪やかまぼこが食卓を飾るのである。そしてそれを鉄人が大好きときている。意外に不満がなかったのだ。

そんな子供の頃からの習慣が今でも続いていて、ご飯のアテが見つからないとつい「竹輪かかまぼこかない?」となるのである。

今日はかまぼこがあった。袋のままポイと渡されたかまぼこを空板の付いたままの状態で包丁を入れる。そしてご飯の量にちょうどいいだけ切って食べるのである。

鉄人にとっては子供の頃からの習慣だが、かみさんにはこれが理解不能らしい。そしてちょっとご立腹された訳である。

竹輪とかまぼこは鉄人にとっては最高のごはんのおかずである。おっともうひとつあった「魚肉ソーセージ」。

明日から毎日夕食のおかずは切っただけの竹輪とかまぼこと魚肉ソーセージの三点セットだけになるかもしれない。かみさんのテレビを観ている横顔にそんな決意が読み取れる。

毎日それだけじゃあやっぱり辛い?


posted by masa at 22:44| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
かまぼこ、出てきただけでもいいじゃないですか。
奥さま、優しいと思いますよ。

もしアタクシが奥さまの立場だったら・・あるのをわかっていても「ないわ」と冷たく答えます。
Posted by かえる at 2013年08月07日 23:17
かえる様 いらっしゃいませ。

何時もコメント、どうもありがとうございます。

かえる様の仰る通りで返す言葉もございません。(苦笑)

竹輪やかまぼこを小生が好きなのは知っていますから、大体は冷蔵庫の中にどちらかがあります。

拒否されたらゴソゴソと冷蔵庫に自分で取りに行きます。なかったら今度は食器棚の下の扉を開いて「鮭の缶詰」をゴソゴソと探し回ります。

どうしようもない親父ですね。でも家の目の前にあるコンビニには行かないんですよ。無精者ですから。

人生は場面場面でいろんな役柄を演じる訳です。家族に虐げられたダメ親父という役もなかなか面白いかなと。ゲームですからね。楽しんでいます。
Posted by 鉄人 at 2013年08月07日 23:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。