2013年06月30日

ドライブ。

「出港」

夫婦.jpg

朝7時頃母から電話があった。日曜の朝早く何事か?かみさんが電話に出たが、話しがあるのでそっちに今から行きたいと言っているらしい。

母は同じ広島市内に住んでいるが電車などを乗り継ぐと1時間以上かかる。母は高齢で足もやや弱って来ている。急に何の話しだろうと思いこちらから実家に行くと返事した。

実はこれは母の手なのである。鉄人の方が実家に行くと見越して言っているのだ。先に実家に来いと言えば、鉄人何か言い訳を作って多分動かない。そこで自分の方から行くと言えば、仕方がないので鉄人が動くと分かっているのだ。

今日は日曜だしかみさんも家にいたので三人で何処かドライブに行くことにした。実はこれが母の本当の目的なのである。日頃から足が悪い割にはアクティブな母だが車が運転できないのでドライブは無理である。

そこで何処かドライブに行きたくなったら鉄人か鉄人の妹がかり出される。妹は運転が下手なので近場しか行かない。もう少し遠く山や海まで行きたくなったら鉄人の出番になるのである。

ドライブと簡単には言えない。相手は年寄りだ無理は出来ない。片道1時間くらい。山が見れて海が見れる。美味しいものが食べられる。ちょっとお土産も買いたい。それらの条件に合うドライブコースを探さなければならないのだ。

沈思黙考の後コースが決定。実家は南区にある。そこから熊野を経由し黒瀬を抜け安浦のグリーンピアまで行くことにした。山が見れて海が見れる。所要時間も小一時間。グリーンピアは少々寂れてはいるがロケーションは抜群である。実は料理も手頃な値段でなかなか美味しいのだ。

施設内は日曜なのに閑散としていた。明日からは大衆演劇団が来るので賑やかになるらしい。お昼を食べてちょこちょことお土産を買って帰路についた。

途中母を実家に降ろしたのだが「話しがある」という話しは一切なし。「だろうね」帰りの車の中でかみさんと顔を見合わせて笑った。

posted by masa at 22:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。