2013年06月27日

揺れるこころ。

「雲、湧き立つ」

雲、沸き立つ.jpg

「風動幡動」という話しがある。お寺の境内に掲げられていた旗が風に揺れていた。ある僧がそれを見て、「幡が動いている」と言った。すると別の僧が、「あれは風が動いているのだ」と反論して議論になったという。

その様子を側で聞いていた六祖慧能禅師が、「それは幡が動いているのでもなく、風が動いているのでもない。あなたのこころが動いているのだ」と答えたそうである。

鉄人はこの逸話が好きで、何かでこころが揺れた時、動揺した時にこの話しを思い出す様にしている。目の前で起こった現象もその捉え方は人それぞれ違う。鉄人は何かあるとよく慌てふためくが、同じ様なことに出くわしても何も感じない人間もいるだろう。その違いは目の前の現象に原因があるのではなく、その人のこころの動きにあるということが分かる。

だから鉄人のこころの揺れも、その原因を相手の中に探している間は多分見つからない。動揺しているのは自分のこころだ。自分の中にしかその答えはないはずなのである。

不満が出て来たら、怒りが湧いて来たらその原因を自分のこころの中に探すのだ。何が不満なのか、何故怒ったのか、原因が見つかればその対処法も自ずと生まれてくる。相手を変えられるのか。自分を変える方が容易いはずだ。

身近な人間でさえ自分の思い通りには全然動いてくれないではないか。相手は自分ではないのだから当たり前といえば当たり前なのだ。相手もきっと同じ様に思っているに違いない。

揺れているのは相手の行動ではなく自分のこころなのだ。それに気づけばその揺れを止めることができる。・・・はずである。
posted by masa at 23:06| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
鉄人さん、おはようございます。
揺れているのは自分の心…まさに昨日までの私の事です。

二日前、仕事で失敗してしまい課長に注意されたことがありました。数人の方にもご迷惑をかけてしまい、本当に申し訳ない事をしてしまったんです(T_T)
新人くんをフォローするつもりで動いた事が、その他の人達への配慮が足りなかったために招いた出来事でした。
注意された後かなり凹みましたが、こころの隅に「上司に相談確認して動いた事なのに。」と言う思いが生まれ、それがだんだん前面に出てきてしまい、謝るべき人達に謝らずにその日を過ごしてしまいました。職場を出て帰宅中、物凄い罪悪感に悩まされ、苦しくて辛かったです。まさに自分のこころが揺れていたんですね。
家の中で落ち着いてスマナサーラ長老の本を読んで思い出しました。上司に相談確認したことは関係ない。今は迷惑をかけた方に謝るのが先決。その後は課長に注意された事を忘れない様にしようと思いました。上司も内容を全て把握していたわけではなく、私の説明が下手くそだったから伝わらなかったのでしょう(^_^;)

翌日の朝一番に謝って歩き、中でも一番傷付けてしまった方に土下座して謝ったら、始めは何しに来た?という様な顔色が、いつもの朗らかな顔色に戻ってくれて、本当にホッとしたあと、こころから「以後気をつけます!」と誓いました。

長老、仏陀のお陰で自分のこころの状態に気付く事が出来て本当に感謝します。


鉄人さんのお手製のCDラック、とっても素敵ですq(^-^q)





Posted by はっきりくっきり at 2013年06月29日 10:46
はっきりくっきり様 いらっしゃいませ。

何時もコメント、どうもありがとうございます。

小生のこころも常に揺れっぱなしですよ。ただ仏教を学んでいるお陰で「今、自分のこころが揺れているな」ということを意識できる様になりました。これは自分の中では大変な進歩だと思っています。

今回はっきりくっきり様も大変辛い思いをされましたが、自分の揺れたこころを客観的に見ることがお出来になられたので、その後の
対応が大変素晴らしいものになられたのだと思います。

結局解決策を外に求めても、それはなかなか叶わないので、自分の
こころがその状況にどのように対処できるかが大事なのですね。

小生は人格的ポテンシャルが低いので、蝸牛の歩みの如く徐々に改善していくしかないと覚悟しています。

手作りの棚を褒めていただいてありがとうございます。本物の方が写真より良いですよ。(笑)

不器用ですけど手を動かすのは嫌いじゃないので、ちょっとしたものは自分で作ります。撮影機材も精密機械以外は自分で修理しています。撮影用の傘の修理道具まで持ってますよ。(笑)

作業している間は無心になれますので、ストレス解消にもなっています。
Posted by 鉄人 at 2013年06月29日 13:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。