2013年05月28日

マインドマップ。

「やまぼうし」

DSC_4911.jpg

今日、アマゾンから本が届いた。タイトルは「勉強が楽しくなるノート術」。小中学生向けの本らしい。著者はトニー・ブザンという人物である。

先日、慈しみ寺での勉強会の時、あることの助言をメンバーのひとりに頼んだ。あることとは、鉄人、半月後に写真教室の講師をやる。どうやれば上手くいくのか。を、尋ねたのだ。

写真教室の講師は今までも経験あるが、どうもイマイチ反応が良くない。と、自分では感じている。何か違うのだ。その何かが分からないので訊いてみたのである。

助言者はメンバー1の頭脳。と、鉄人は思っている人物で、何か日本で一番難しいらしい大学の医学部を出ているらしい。らしいというのは本人は何も言わないから。現在は当然医者である。

彼は患者を定期的に集めては病気に関する講演をしているという。これは本人から聞いた。そこでどうやれば中身のある講義ができるのか。そのコツを訊いた訳だ。

その頭脳明晰な彼が教えてくれたのが、「マインドマップ」を作るというやり方である。心の中にある思いをマップに描くことで、思考の広がりを俯瞰的に見るのである。人の思考は直線的ではなく、波紋の様に広がっていくものらしい。

で、藁をも縋る思いの鉄人は早速アマゾンに注文。それが今日届いた。マインドマップの本は数多くあるみたいだが、鉄人はその中で最も分かり易そうなものを選んだ。その本が小中学生向けに書かれた、「勉強が楽しくなるノート術」である。

こども向けでも大人向けでもその本質は何ら変わらない。仏陀がこどもでも分かる様な平易な言葉で、真理を衆生に説かれた様に、できるだけ分かり易い方が良いと考えたのだ。少なくても単語の意味さえ分からないという様なストレスはない。

後は、本に書かれてある内容を実際にやってみることである。経験こそが実になるのだ。本を途中で放り投げ早速実践。でも即頓挫。やっぱりとりあえず最後まで本は読まなければいかん。そんな悪いクセをマインドマップで解決できたら有り難い。

posted by masa at 22:48| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。