2010年01月26日

知ること。

Photo 春の訪れ
harunootozure.jpg

日曜今年初めての瞑想会を行なった。参加人数は六名。参加人数は増えてはいない。ただ少し様子が違う。何やら形になってきているのだ。 
 
リピーターも出来、他人行儀では確実になくなって来ている。やるべき事がスムーズに出来るようになった。ということは、初期のステップをクリアしたからに他ならない。

この会は特に人数を増やそうとは考えていない。自然に増えていけば、それはそれで結構な事なのだが、仏教の修行は結局は個人のことなのだ。

人数が多くなっても、自分が修行を怠っていれば、何にもならないのである。そういう意味でもこの会のメンバーは自立している。それぞれが自分なりに日頃から修行をしているようだ。

瞑想会では顔を合わせるのだが、普段の付き合いは別に無い。何の職業か。何処の学校を出ているか。家族構成はどうか。幾つか。何処に住んでいるか。そんなことにお互い全然興味がないのである。何と名前さえよく覚えていない場合もある。

それでもいいのである。鉄人が場所を提供して、瞑想したい人が、初期仏教を学びたい人が、勝手に集まる。そして会が終わればそこでハイ、サヨナラ。何にも引きずらない。鉄人はこのような他人との付き合い方が好きである。

この会の内容はかなりのハイレベルである。世界一難しいと言われているヴィパッサナー瞑想法。西洋哲学を遥かに凌ぐと言われている仏陀の教義。難しいのが当たり前。ちょっと油断していたら、少しも自分の実にならず、何の意味もなくなる。

ものごとには必要なことと不必要なことがある。この会で学でいる事、実践していることは、鉄人にとっては極めて必要なことである。

この会に参加しているメンバーにとっても然りである。実は誰にとっても本当は必要なことである。必要なことで、誰もが学ぶべきものなのだが、現実はそうはいかない。

仏教の言葉に「人を見て法を説け」という言葉がある。それは相手の資質やレベルに応じて、話しをするということなのだが、それより以前の問題なのが、「興味が無い」「聴く耳持たぬ」というケース。

こういうケースはどうするのか。お釈迦さまの応えは明瞭である。

「放っておきなさい」

結局個人の問題なのだ。興味が無い人間に幾ら言っても時間の無駄。時間がもったいないので放っておけという訳だ。なので、この瞑想会の勧誘も特にしない。やっていますよ。と、お知らせするのみである。

逆に難しそうだけど、何か面白そうという方は、おおいに参加してほしい。経験しないと分らない事も、世の中には沢山あるのだ。

今度二月七日鉄人のスタジオに、初期仏教の日本人長老が来られる。もうこれは鉄人にとっては物凄い事。

仏陀の教えをそのまま現在まで受け継いでいる、初期仏教の長老が来られるということは、お釈迦さまの直弟子が来られるようなものなのだ。

何を聞いてみようかと、今から楽しみである。自分が分らなかった事。知らなかった事。それらの答えを知るということは、自分が一段階、人間として向上することだ。何故か。仏教の世界では「無知」が一番罪深いからである。

「知ること」。今の鉄人にとって、これ以上の喜びは考えられないのである。
posted by masa at 08:00| Comment(4) | 仏教夜話
この記事へのコメント
おはようございます。「放っておきなさい」これはええ教えですな。自分で決めているのに相談する人。一緒に悩むだけ無駄です。単純明快!
Posted by いそはち at 2010年01月26日 09:56
いそはち様 いらっしゃいませ。

何時もコメントありがとうございます。

「放っておけ」という言葉は、鉄人も感じ入ることです。人は鉄人も含めて、やたらおせっかいを焼きたがる。他人の人生に首を突っ込みたがります。

じゃあ自分のこと、自分の生き方はちゃんと出来ているのかと考えてみれば、全然自信がない。いそはち様は別です。

まずは自分からだと思っています。
Posted by 鉄人 at 2010年01月26日 15:46
なんでしょう?宗教は嫌いなんですが
(っていうのも変ですけど)
鉄人さんのブログを拝見するにつれ
いつも感じることは
「なーーーんか、和む」って
「なーんか、スッキリ」って
思うんです。なんだろうなぁ・・
私の考えてることと、仏様の教え
似てるのかな(なんて、大それた 笑)
でも、キリストの教えにしてもそうですが
すごく、まともで、シンプルなんですよね。
結局は。。。
なんか、大それたこといって
ごめんなさい。。。(笑)
Posted by kuniko36 at 2010年01月27日 20:57
kuniko36様 いらっしゃいませ。

コメントどうもありがとうございます。

鉄人の稚拙な文章でも、和んでいただけるとしたら、kuniko36さん
の人生観とお釈迦さまの教えがシンクロしているからです。

お釈迦さまは、今までの人類の中でも一番慈悲深い方だったでしょうから、その教えに触れたら、やはり和やかで穏やかな気持になりますね。

元々仏教というのは、宗教ではありません。お釈迦様自身は、自分が宗教家だという意識は微塵もありませんでした。

後世の人達が宗教にしてしまったんですね。

本当の仏教というのは、例えば、ゴータマ先生が私達生徒に、生き方の授業をしている。といったようなものでしょうか。

そしてその授業は、学科だけではなくて実技もある。実技のお手本はゴータマ先生。

より善く生きる為の授業ですから、例え点数が50点でも、100点ほどではないけど、50点分は善い生き方をしている。ということになる訳で、学ぶこと、実践することでマイナスになるようなことは、決してありません。

kuniko36さんが仰るように、仏教の答えはシンプルです。でもその答えを論証する方程式は、これは難しい。

まさに本来の仏教(日本の仏教は残念ながら本来の姿でなないようです)は、汲めども尽きぬ智慧の宝庫。

鉄人自身は、初期仏教に出会うことが出来て、こころからしあわせに思っています。
Posted by 鉄人 at 2010年01月28日 00:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。