2010年01月12日

長い一日。

Photo みぞれ
mizore.jpg

成人の日は、鉄人が毎年一年で一番緊張を強いられる日だ。ある大きな美容室と提携していて、成人式当日早朝から晴着の撮影を毎年している。この撮影が非常に緊張するのだ。 
 
緊張する理由は三つある。ひとつは着物の撮影に慣れていないということ。洋服の撮影は日頃よくあるのだが、やはり着物の撮影は少ない。着物の撮影の場合、撮影のコツというかルールみたいなものがあって、それを踏まえながら撮影しないと良い写真にはならない。

逆に言えばそのルールさえ守って撮影をしていればミスはないのだが、日頃その機会が少ないと皮膚感覚で覚えていないということになる。

ルールは知っているが、自家薬籠中になっていないので、不安なのだ。

次に失敗が許されないということ。現実的に言えば再撮は可能だ。もう一度晴着を着てもらって、髪をセットしてもらえば撮影は出来る。

ただ気持が違う。成人の日は一生で一度しかない。その晴れやかな精神状態はその日にしかありえない。ということで撮影の失敗は許されないのだ。

最後に、撮影の時間が極めてタイトだということ。広島市の場合、昼過ぎに式が始まる。その式に出席する成人にとってはタイムリミットがあるということになる。

今回は朝六時からのスタートであった。最初は余裕があったが、途中から流れ込むように晴着姿の女の子が、仮説のスタジオに入ってくる。

でも可能な限り丁寧に撮りたい。また次が流れ込んでくる。そのジレンマとの戦いになるという訳だ。

有難いことにここの美容室のお客さんは筋が良い。文句も言わず自分の出番を待っていてくれる。自分がモデルになった時も直ぐに笑顔を作ってくれて、カメラマンを助けてくれた。

インデックスプリントの作成役の息子は、作成スピードが上がらず相当パニクっていた。息子の腕に問題があった訳ではなく、方法に問題があった訳で、来年への反省材料になった。

そうして六時間後、全ての作業は終了した。後はスタジオに戻って皆で「お疲れさん」の乾杯だ!

とはならなかった。今年は午後から次の撮影が待ち受けていたのである。尾道でのラーメンの撮影が入っていたのだ。

「尾道?」という響きにかみさんが反応した。一緒に行くというのである。普段ならありえない反応だ。次に息子の彼女が反応した。彼女は尾道が大好きなのだ。

ということで何と一杯のラーメンを撮影するのに、鉄人、息子、かみさん、息子の彼女、ライターさんの総勢五人で尾道に出かけたのである。映画のロケじゃあるまいし。

尾道では二件のラーメン屋さんを撮影したのであるが、一件は事情により食べれなかったので味は分らない。もう一件のお店は大変に美味しかった。

そのお店の情報に関しては、後日また報告する。

スタジオに戻り機材を収納整理して全てが完了したのが夜の十時。

長い長い一日であった。
posted by masa at 11:04| Comment(10) | 撮影日記
この記事へのコメント
鉄人さん、撮影お疲れさまでした。
成人式は一生に一度の日、緊張しますね。
でも大切な日を鉄人さんに撮ってもらった
成人さん達は幸せですね。

尾道のラーメン情報も楽しみにしてます^^
Posted by ゆずこ at 2010年01月12日 15:49
お疲れさまでした。
アタクシもなるべくだんなの撮影にはついて行くようにしておりますが、本日は体調不良でダウンしてました。
Posted by かえる at 2010年01月12日 18:58
おつかれさまでした。
写真のこと、何も分かりませんが、遠い昔にやはり晴れ着で緊張しながらスタジオで写真を撮ってもらったことを思い出しました。振り袖なんかいらん!とかなんとか親とけんかできたあの頃が懐かしいです。そういう思い出もすべて含めての成人式ですもんね。
素敵なお仕事ですね。
Posted by ナナ at 2010年01月13日 00:07
ゆずこ様 いらっしゃいませ。

コメントどうもありがとうございます。

若くてカッコイイカメラマンの方が、成人の方にとっても良かったのでしょうが、残念でした。(笑)

確かにヘビーな撮影だったのですが、何か撮影していて若いパワーみたいなものを皆さんからいただいて、意外に元気です。

若い人達と付き合っていると、何時までも若い気分でいられると聞いたことがありますが、当たっているのかも。

ラーメンの情報もお伝えしたいのですが、もう少々お待ちを。
でも広島といい呉といい尾道といいなかなか美味しいラーメン屋さんが多いですね。

鉄人は小さくて地元の人達に愛されているアットホームなラーメン屋さんが好みです。




Posted by 鉄人 at 2010年01月13日 00:16
かえる様 いらっしゃいませ。

エエッ〜!!かえるさんのだんなさんカメラマンだったんですか?

鉄人かえるさんのブログを読み落としていたようです。

何か親近感が湧くような、でもカメラマンの奥さんとしてのかえるさんに、同業としてちょっと同情したいような複雑な気分です。(笑)

だんなさんはスチールのカメラマンさんですか?それともムービー?まあどちらにしてもしんどい職業ではあります。(笑)

カメラマンという人種は、子供っぽくておセンチなところもありますので、どうかかえるさんの大きな愛で包んであげてください。
Posted by 鉄人 at 2010年01月13日 00:26
ナナ様 いらっしゃいませ。

晴着というものは、自分の想い親の想い。あるいは祖父母の想い。そういった近親者の様々な想いが形になったようなものですね。

一日だけ大輪の花が咲いたような華やかさを感じます。その大輪の花を撮らせてもらえるのはカメラマン冥利に尽きます。

でも責任重大。ホントこの日だけは緊張のし通しです。カメラマンとして結構長く生きているのですが、なかなか慣れないものです。(苦笑)

これからデータを画像処理したり、プリントしたりと作業はまだまだ続きます。出来るだけ良いものにする為、鉄人がんばりますよ〜!!

ナナさんもたまには成人式のアルバムを引っ張りだして、若かりし頃(今でも若い?)の自分とご対面されてみてはいかがでしょうか。
Posted by 鉄人 at 2010年01月13日 00:43
おはようございます。
いつもお世話になります。
成人式、お疲れ様でした。
尾道ラーメン楽しみにしています。
では、またよろしくです。
Posted by ドリンキングクラブ at 2010年01月13日 02:51
長い一日。本当にお疲れ様でした。
単なる体裁ではない、その一瞬にかける思いにとても感動しました。
Posted by くりき at 2010年01月13日 05:05
ドリンキングクラブ様

コメントどうもありがとうございます。

ドリキンさんは何時頃成人式を済まされたのでしょうか。
鉄人は自分の成人の日は新宿の高層ビルのひとつ、三井ビルの50階にあった焼肉レストランでバイトをしていました。

食べるのが一杯一杯。成人式どころではなくその感覚もありませんでした。なので鉄人の成人の写真は無し。

親も息子の成人を全然気にしていませんでした。なんちゅー親や。

尾道のラーメン屋さんは仕事の途中なので、現時点では公表を控えます。ちょっとコアなお店でしたよ。
Posted by 鉄人 at 2010年01月13日 21:42
大工くりき様 いらっしゃいませ。

お褒めのお言葉、嬉しいくせに照れてしまいます。
でもプロなら当然ですよね。お役に立ってナンボですから。

くりきさんからいただいた踏台重宝しています。実は鉄人面白い使い方をしているんですよ。

事務所のイスに座っている時に、足を踏台の上に乗せているんです。裸足で。

踏台の木の肌触りがたまらなく気持ち良い。冷たくないんですねえ。フローリングだったら冷たいのに。不思議です。

このやり方ならずっと木に触っていられますから良い考えでしょ。自画自賛。

でも最近かみさんによく踏台を取られているなあ。
Posted by 鉄人 at 2010年01月13日 21:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。