2009年10月17日

夢は小さく努力は大きく。

Photo 残光
zankou.jpg

「夢は小さく努力は大きく」。この言葉はある本の中に書いてあった言葉です。その言葉の意味を読んでみて、なるほどと思いましたので、今日はその本を紹介します。 
 


その本のタイトルは「二千年たってもいい話」。著者は斉藤一人という人です。この斉藤氏、鉄人のブログにはたまに登場します。

簡単に横顔を紹介しますと、

斉藤一人。健康食品会社「銀座まるかん」の創設者。年間個人納税額日本一を二度達成し、生涯個人納税額でも現在日本一。そしてその納税額はすべて事業取得によるもの。著書も多数。

というちょっと、否、非常に異色な経営者が、今回紹介する本を書いています。

その異色ぶりは紹介していたら、それだけで一冊の本になるくらいですが、書いてある内容はやっぱり異色。でも簡潔な文章ながら非常に的を得ている。大商人として人間を見る目は確かです。

斉藤氏の思考のベースは仏教であり儒教です。なのでおシャカさまの教えとリンクするところも多々あり、おまけに実践して会社の業績も上げている。実践論として我々の人生での成功に大変に参考になりそうです。

本は単行本ですが、文字数は少なく、おまけに字が大きい。一時間もあれば、読めてしまいます。そして文章と同じ内容のCDが本に添付されています。というか、CDの中に入っている講演会の録音内容を文章化した本、というのが正確です。

では鉄人が「なるほど」と唸ってしまった箇所をいくつか紹介してみます。

・中国では「知識人」のことを「知識人」とは言わない。「
 読書人」と言う。

 よく本を読んで勉強する。それで頭が良くなる。でも知った
 かぶりはよくない。

・人生をうまくいかせるには、積極的に逃げる。

 ケンカをしないということ。相手が間違っていると思っても
 「そうですね」と言ってサッサと逃げる。無駄なことはしな
 いことが、人生を成功させるコツ。

・嫌なヤツには影であだ名を付けて、笑いの対象にする。

・夢は小さく努力は大きく。

 夢を小さな目標に置き換えてみる。そうすればそれを達成す
 るための自分の行動が明確になる。だから努力しやすい。大
 きな夢は具体性に欠けるから、努力し難く達成が困難。さら
 に夢と現実とのギャップに苦しみ、達成できないと、それに
 も苦しむ。

・成功のノウハウを他人にどんどん教える。

 教えることで、自分の器が大きくなり次のステップに進むこ
 とができる。

・駆けちゃダメ、走っちゃダメ。歩くスピードで、目標を一個
 一個クリア。

・力を一点に集中する。

まとめ。 
 
「小さな目標に向かい、歩くスピードでじわ〜っと力を一点に 集中して、懸命の努力をすると成功する。」

いかがですか?実はおシャカさまも似たようなことを説いています。

「何かを拝んでも、手を合わせても、それで成功する訳ではな い。日々の弛まぬ努力が大切です。」

成功するためには努力は不可欠。しかし努力の仕方があるということですね。鉄人も美味い話に右顧左眄せず、写真に集中しなさい。ということですか。




今日の体重  66.0kg

今日の歩数  5.000歩

今日の食事  朝 ニンジン・セロリジュース 500cc
         カレーパン(小)     1個

       昼 てんぷらうどん
         おにぎり         2個

       夕 ステーキ(小)
         野菜サラダ
         ヤズの刺身
         五穀米のご飯       1膳

       間食 無花果のケーキ     1切れ
          魚肉ソーセージ     1本

       飲酒 白ワイン        少々

       一言 息子の彼女の誕生日会を何故か我家で。
          今日は食べ過ぎ。 

       2.200キロカロリー



広島ブログ
この記事へのコメント
おはようございます。
いつもお世話になり ありがとうございます。

・人生をうまくいかせるには、積極的に逃げる。

私は短気です。いつも人間なんてラララ~ララと歌って逃げてましたが、これからはこれにさせてもらいます。また よろしくお願いします。
Posted by ドリンキングクラブ at 2009年10月18日 04:25
私自身、ココ近年は努力もろくにせずに夢ばかり
追ってるみたいです・・・
あ〜、もう一度奮い立てて色んな努力がひつようですね。
Posted by kan at 2009年10月18日 14:07
ドリンンキング クラブ様 いらっしゃいませ。

何を隠そう鉄人もいたって短気です。でも考えてみたら人生は短い。対決するのは時間の無駄の場合が多いかもしれません。

積極的に逃げることで、限られた時間をもっと有効なことに使う方が、斉藤一人氏が言うように賢い選択なようですね。
Posted by 鉄人 at 2009年10月18日 20:27
kan様 いらっしゃいませ。

kanさんに感化されて、今日久しぶりに風景写真を撮りに行ってきました。

夢というものは、どうにも掴みどころがないものですね。でも夢があるということは、人生を豊かに送るためには必要なものだと思います。

後は本気かどうか。ただ人間向き不向きがありますから、それを見極めるのも大切ですね。
Posted by 鉄人 at 2009年10月18日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32987708

この記事へのトラックバック