2009年10月01日

キムタクになった夢

Photo 願掛け
gankake.jpg

鉄人、キムタクになった夢を見たことがあります。ちょっと前のことなんですけど、正真正銘、夢の中で自分がキムタクになっている。何故かなっていたのです。 
 
夢の中で突然女性にもて出しました。飲み屋さんに行ってもモテまくるし、道では女性たちに追いかけられる。何故持てるのか自分では全然解らない。

夢の中でだって、自分の顔は自分の顔。ちゃんと覚えていますよ。当たり前。なのにやたらモテる。不思議だなあと、ふと鏡を見たら自分の顔がキムタク・・・。なのです。

「何故・・・?」

「何故俺の顔がキムタクの顔なんだ!?」

でもキムタクの顔なのです。意識して笑うと鏡の中のキムタク顔の自分も笑う。右を向くとキムタク顔の自分も右を向く。左なら左。自分の意志通りに顔が動く訳ですよ。もう仰天!!

女の子たちの集団の中で、キムタク顔の自分がモテ過ぎて困った顔をしている時に、目が覚めました。

「早過ぎるんだけど・・・」とブツブツ。

でもしばらくは寝ぼけています。まだ自分がキムタクの顔のままじゃないかと思っている。ベットから起き出して、鏡を見ました。

そこに映ったのは五十を過ぎた白髪が出て来たオッサンの寝ぼけ顔。キムタクとは欠片も似ていないさえない顔。

「あ〜あ」とポツリ。

現実とはかくも残酷なもの。でも忘れられない夢ではありました。

夢とは何とも不思議なものですね。眠る前はその夜どんな夢を見るのか誰も解らない訳です。でも見る時には見る。楽しい夢もあるでしょうし、怖い夢もあるでしょう。他人には言えないような夢もあるかもしれません。

夢は現実の生活の延長上にあるようです。普段の生活でも人は休むことなく妄想しています。実はものごとを実際に観察して意識している時間より妄想している時間の方が長いようです。

妄想の中では、人はどのようにでも妄想を膨らませることが出来ます。ですから自分の顔がキムタクになっている妄想を、現実の時間の中で、願望として経験したことがあるのかもしれないのですね。

その残像が夢の中で現れた。というのが真相かもしれません。情けなあ〜。

ところで仏教の世界では、修行を積んで、「悟り」を開いた人は、夢をみないそうです。

それは「悟り」を開くための修行は、妄想を完全に無くすための修行だからです。普段の生活で妄想をしないということは、夢を見る要因が全くない訳ですから、夢を見るはずがないのです。

ですから夢を見ている間は、絶対に「悟り」が開けないということ。夢の中でキムタクに自分がなって、女の子に囲まれ、鼻の下を伸ばしている間は、まあ修行が全然足りないということですね。



今日の体重  64.8kg

今日の歩数  6.000歩

今日の食事  朝 ニンジン・セロリ自家製ジュース 500cc

       昼 天婦羅うどん
         いなり寿司(小)  3個

       夕 竹輪、椎茸,鶏肉の天婦羅
         赤たまねぎの酢もの
         肉じゃが
         五穀米のご飯

       間食 無し

       飲酒 ビール 一口

       一言 赤たまねぎの酢ものはカラダに良いそう
          

       1.700キロカロリー



広島ブログ

posted by masa at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 修行はつらいよ
この記事へのコメント
(゚Д゚≡゚Д゚)?ううん!?
同じ記事がふたつも・・・

ハイ、私自身そのような事は度々です。
ギターを弾けば凄く上手くなってるし、
サッカーをすれば一人ヒーローになるし・・・
どうやら修行の前に、ポジティブ過ぎる
妄想の塊みたいです。。。笑
Posted by kan at 2009年10月02日 08:18
kan様 いらっしゃいませ。

kanさんも妄想されますか。安心しました。

すみません、同じ記事がふたつあったのは、最初の写真が鉄人のミスで小さ過ぎたので、写真をやりかえたのです。鉄人は無類のおっちょこちょい。誤字脱字は毎度のこと。もっとしっかり確認すれば良いのに、毎度やってしまいます。

ブログの管理を達人さんという方にお願いしているのですが、たぶんあきれていると思っています。出来の悪い息子を持った親のような心境で「仕方ないヤツだなあ」って感じでしょうか。達人さん何時もスミマセン。

仏弟子の鉄人みたいな人間にとって、妄想は一番の大敵。これを何とかしようと思って、修行のまねごとをしている訳ですが、これがどうにも難しい。

で、ブログのキーワード、「修行はつらいよ」になっちゃう訳です。(苦笑)
Posted by 鉄人 at 2009年10月02日 09:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32588008

この記事へのトラックバック