2009年09月04日

健康日記 「本物の商人」

Photo 収穫
syuukaku.jpg

今夜は長男は飲み会、かみさんは健康食品の勉強会でした。そして鉄人はその二人を連れて帰る運転手。

時間があったのでかみさんの勉強会に参加してみました。かみさんは家で健食の販売をしています。玄関に小さなテーブルと商品を入れてある小さな棚を置いているだけのささやかな店なのですが、当然かみさんがオーナーであり店主です。 
 
健食は「まるかん」という会社の商品だけです。この「まるかん」ご存知の方も少なくないと思うのですが、社長の斉藤一人という人は日本一の個人納税者として有名です。

元々は鉄人が以前から斉藤一人に興味があって、彼の著書をよく読んでいて一ファンでした。そして十年前くらいその「まるかん」が広島で小売店を募集しました。

興味がないかみさんを説得して小売店になったのですが、何時の間にかかみさんの方が斉藤氏の大ファンになり、今ではかみさんオンリーで我家の「まるかん」を取り仕切っている訳です。

今夜は斉藤氏の講演のビデオを観たのですが、なかなか面白いものでした。彼は自分のことを社長とか経営者とか言いません。商人だと何時も言っています。一商人の眼で世の中を観ています。

彼は商人の仕事はお金を儲けることとハッキリ言います。お金儲けのプロが商人なんだそうです。そして儲けたお金の中から納税して国民のために役立ってもらう。これが本物の商人だと言っています。

彼は寄付や慈善事業を一切やりません。あくまでも商売で儲けて、一円も誤摩化さず納税する。その証拠に彼の生涯納税額はこれも日本一なのです。どうにかして税金を減らそうとやっきになっている多くの経営者達とは、明らかに違う「本物の商人」の姿があります。

「まるかん」が取り扱っている商品は健食や自然化粧品です。原料も製造も日本。これも徹底しています。鉄人も愛飲していますが、確かに商品は良い様です。

新商品も次々発売されます。これもお客を飽きさせないため。イベントもいろいろやっています。商品を購入していなくても参加オーケー。小売店に販売ノルマはありません。ノルマがあったら家の店なんかとっくに潰れていますね。

この大らかさが「まるかん」のそして斉藤一人の人気の秘密でしょう。やはり「明」に人は集まるのです。

鉄人は経営はしていますが、商人というより完全な職人です。お世辞にも商売は巧くありません。

それでもなんとか食べていけているのは、斉藤一人氏に教えてもらった「感謝」という気持ちで仕事をさせてもらってるからだと思います。

鉄人の師匠はおシャカさまですが、普段の生活の師匠は斉藤一人かもしれません。

最後にコマーシャル。今度、パニック障害や鬱病にとても良いと思われる健食が出ます。パニック障害も鬱病も脳の病気。この商品は脳に良いとされる亜鉛などを数多く含んだ商品です。最近ボケ始めた鉄人にはもってこいの商品。ぜひ試してみたいと思っています。

パニック障害や鬱気味の人用に開発された健食はたぶん今までなかったと思います。この様な症状で悩まれている方は、一度試されてみてはいかがでしょうか。
posted by masa at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31867332

この記事へのトラックバック