2009年07月30日

修行はつらいよ。第2話 <おもしろ戒律の巻no.1>

Photo 金魚すくい
kingyosukui.jpg

仏教の出家者(鉄人はしてません、当たり前か)の戒律がキビしいということは、みなさん何となく知っていると思いますが、その中には結構おもしろいというかヘンな戒律もあります。
 
 
実は元々は戒律というものはありませんでした。おシャカさまの弟子になった初期のころの人たちは、今で言うと超インテリ。国王の息子や大資産家の息子、当時すでに有名だった哲学者や宗教家といったような、当時の一流の教育を受けたトップクラスの人が多かったんです。

そういう人たちが、家庭や財産、地位や名誉などすべてを捨てておシャカさまの懐の飛び込んでいるわけですから、その気持ちはハンパじゃあないんです。

だからおシャカさまが「ツー」と言えば「カー」。ただおシャカさまは「気づかせる」だけ。弟子たちはすぐに何でも吸収して理解してくれますから、生活を改めさせるような戒律を必要としませんでした。

でも組織が大きくなってくると、出家者の中には鉄人のようなアバウトな人間が出て来るようになったんです。こういう人間は、放っておくと悪さばかりする。他の修行者の邪魔をする。女性には手を出す。

おシャカさま、「これじゃあマズイ」ということで、仕方なく戒律をつくったということです。この戒律、数は多いしホント細かい。日本流に言うと「箸の上げ下ろし」みたいな細かいことまで決めてあります。

男性で250。女性で300〜500項目の決まり事。おお ごとですね。でもこの中には「へ〜」っていうような変わった戒律もあります。これがホントベタベタに人間くさくて面白い。

詳細はまた明日。
posted by masa at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 修行はつらいよ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30933616

この記事へのトラックバック