2009年05月24日

思い出の一枚 「家族」

Photo 家族
kazoku.jpg

カンボジアで撮影をしていた時、何時も出逢う印象深いシーンがありました。それは家族のシーンです。カンボジア人の家族は総じてすごく仲が良い。カメラを向けたくなるような微笑ましい家族の場面によく遭遇していました。 
 
今回の思い出の一枚の写真は、そんな仲が良い家族を写したものです。プノンペンにはトンレサップ川という大きな川が流れているのですが、撮影の為に乗船していた遊覧船でこの小舟に出逢いました。

何処かの帰りでしょうか。家族皆とても楽しそうです。たぶん対岸にある集落に住んでいるのでしょう。その集落は観光でコースになっているほど、いわゆる極貧の人達が住んでいる小さな集落です。水上の家に住んでいる家族。川中のちょっとした中州に小屋を建てて住んでいる家族。彼らはたぶんどちらかだと思います。

彼らが乗っている古そうな小舟は今にも沈みそう。日本人の感覚から見ると、普段あまりお目にかかりそうにもないシーンだったのですが、この家族本当に楽しそうでした。子供達は笑いっぱなし。親もニコニコしています。狭くてひっつきもっつきでも全然平気。良い家族に出会ったものです。

昨日、韓国の元大統領ノムヒョン氏が山から飛び降りて自殺しました。若い頃苦学して司法試験に合格し、ついには一国の大統領まで上り詰めた人物です。そんなサクセスストーリーのモデルのような人間が、最後は自らの命を絶つことになったのです。

彼は晩年毎日が地獄のような日々だったでしょう。何が彼をそこまで追いつめたかは鉄人にはよく解りませんが、彼の様々な強い欲が仇になったことは否めません。

写真の小舟の家族を見ていると、そのような強い欲には無縁のような顔をしています。決して楽な生活ではないでしょうが、追いつめられた生活をしている人間には出せない笑顔です。

カンボジアは悲惨な歴史を持つ国ですが、元々は仏教国で穏やかな国民性。最貧国ですが自殺率は極めて低いと聞いています。このような裕福ではなくても笑顔一杯の家族を見ていると、幸福の定義とは何なのかとあらためて思います。


今日の体重     67.5kg

今日の歩数     5,000歩

今日の食事  朝  なし

       昼  ほか弁の幕の内
          カップヌードル
          水          1,000cc

       夕  冷やそうめん
          冷や奴
          水          1,000cc

       1,600キロカロリー
posted by masa at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出の一枚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29354508

この記事へのトラックバック