2009年04月30日

世界の三大宗教

Photo 来客
raikyaku.jpg

考えてみれば仏教の事はともかく、キリスト教やイスラム教のことはほとんど知識がありません。そしてあまり知りたいとも思っていませんでした。また知らないからといって、普段の生活に支障が出るということも、現実問題としてほとんどありません。 
 
そんな理由で、キリスト教やイスラム教には、特には興味がなかった鉄人ですが、なにげなく立ち寄った古本屋のブックオフで、たまたま目に入ったのが今日ご紹介したい本、「世界の三大宗教」です。

文庫本なので、分厚くはありません。一日あれば読める本です。内容は世界の三大宗教の概略や歴史について書いてあるのですが、簡潔にまとめられていて、とても解り易いものでした。

よく「今更聞けない何とか」と言いますが、鉄人はキリスト教やイスラム教のことは、小学生でも知っているようなことも、本当はあんまり知りませんでした。

すべての宗教は地球という小さな星の中に存在します。七十億人の地球人のその多くが何かの宗教に入っています。そして彼らの人生のバックグラウンドとして、それぞれの宗教が存在するのです。

日本人には宗教がないと、よく外国から言われますが、これは半分当たっています。日本人の多くの宗教は形式的なものです。あってもなくてもそれで特に普段の生活が影響を受ける訳ではありません。

しかし外国では宗教の存在は極めて大きく、国や部族の中にはそれこそ命を掛けての宗教になるのです。このことを考えると世界の中の日本ですから、海外の宗教だから知りません。では通らないのではないかと以前から思ってはいました。

少なくてもそれぞれの宗教の概略や簡単な歴史くらいは理解していないと、世界とはうまく付き合えないような気がしていたのです。

この「世界の三大宗教」という本はそれを大まかに理解するにはうってつけの本ではないかと思いました。「今更聞けない」ことがいろいろ出て来ます。例えば敵対関係にあるキリスト教とイスラム教が、実は出元が同じであること。仏教は世界の三大宗教といっても、実は信者がそれほど多くないこと。キリスト教の「隣人を愛せよ」の意味は同じキリスト教の信者を愛せ
よということで、それ以外は敵だと言うこと。などなど。

正直言うと鉄人の知らないことばかり。物事は常に客観的に冷静に観る必要があると考えていたわりには、今まで一面しか観ていなかった訳です。比較対象がないと、ものの優劣は判断しにくいもの。薄い本ですが大変に参考になりました。

優劣という訳ではないのですが、あらためて仏教の特異性が感じられます。「仏教は本来宗教ではない」という、鉄人の仏教に対する思いを再認識しました。仏教には敵が存在しない。ともあらためて思いました。

敵という存在がいる間は、地球上に平和が訪れることはけしてないでしょう。敵が存在しない仏教の考えだけが、世界を平和にする可能性があるのです。現実は天文学的に不可能に近いのですが、少なくても自分の中の世界にだけは敵を作らずにいたいと思います。

この本、ブックオフで購入した訳ですが、値段は百五円。缶コーヒー一本より安い値段。このたった百五円で知った世界は、大変に複雑で不条理で深淵で深刻な世界でした。あらためて思いました。人間て何なのでしょう。

タイトル   世界の三大宗教 重要ポイント83

著者     ビジネスリサーチジャパン

発行所    三笠書房

価格     定価552円税別(ブックオフ価格105円)


今日の体重          65.7kg

今日の歩数          5,500歩

今日の食事   朝   カレールー
            トースト      1枚

        昼   ラーメン大盛り
            水         1,500cc

        夕   ヤズの刺身
            冷や奴       少し
            筍の煮物
            鶏の唐揚げ     少し
            カレーライス
            プリン体オフ発泡酒
            赤ワイン      少々
            焼酎の湯割     2杯
            スナック菓子
            水         500cc

        2,200キロカロリー

        今日は食べ過ぎ、反省。
この記事へのコメント
この本、読んだことあります。
しかもアタクシ6年間キリスト教の学校に通っていたので、その流れで宗教にはわずかですが興味があります。
Posted by かえる at 2009年05月01日 12:38
かえる様 何時もコメントありがとうございます。

キリスト教系の学校に通われていたのですか。鉄人のキリスト教系の学校のイメージは、何か凄いお嬢様学校的な感じです。広島にある学校がそのようなイメージですから。仕事で訪れたりしたのですが、有名な進学校で、生徒さんは皆さん清楚で真面目な感じ。ウチのボンクラ達とはえらい違いでした。鉄人はキリスト教のことはよく解りませんので、もしアドバイスなどいただけると助かります。 また遊びに伺います。
Posted by 鉄人 at 2009年05月01日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28795916

この記事へのトラックバック