2009年04月25日

お好み焼き

Photo はなみずき
hanamizuki.jpg

今日の昼ご飯は、お店でお好み焼きを食べました。このお好み焼き、言わずと知れた広島の名物ですね。実は鉄人は今でこそお好み焼きを食べますが、以前はお好み焼きが得意ではありませんでした。 
 
鉄人は元々は九州の人間で、中二の時に広島に転校してきたのですが、引っ越して来た時に家の近くのお好み焼き屋さんで食べたお好み焼きが、あまり美味しくなく感じたのです。

別にそのお好み焼き屋さんが不味かった訳ではなく、初めて食べたお好み焼きにかかっているお好みソースが、ものずごく甘く感じ、醤油辛い味に慣れていた鉄人には、ちょっと抵抗のある味だったのです。

両親も九州の人間だったので、家の料理に広島風お好み焼きが出てくることは皆無でした。そんな訳で中学校、高校とお好み焼きを食べずじまい。高校卒業と同時に東京に出ましたので、当然東京でもお好み焼きは食べていません。

広島風お好み焼きを食べ出したのは結婚してからです。かみさんは地元広島の人間。お好み焼きなら毎日でも食べれると豪語するような輩です。二人で外食に出かけるとなると、鉄人の大好物のラーメンも選択肢に入ります。毎回鉄人の好み一辺倒という訳にもいかないので、仕方なくかみさんの大好物のお好み焼きに嫌々付き合うようになったのです。

そして付き合っている内に、ソースが甘いのは甘いけど慣れてはきました。その内、月に二回くらいはお好み焼き屋さんに出かけるようになりました。そのようなことを数年続けていると、だんだんとお好み焼きが美味しく感じるようになってきたのです。

最近ではかみさんにお好み焼きを食べに誘われたら二つ返事。そそくさと出かける準備をします。食べにいく店は決まっています。五日市のコイン通りのビルの二階にある「田の久」。ほとんどここオンリー。

鉄人は他の店と比較出来る程、お好み焼きを食べていませんので、普通に美味しいと思うだけですが、自称お好み通のかみさんはいたくお気に入りのお店です。オーソドックスだけどとってもバランスがいいとか。家の息子達も足繁く通っていますので、かなり美味しいのでしょう。

広島風お好み焼きは正しく広島の食文化の顔。店の数も半端じゃありません。町中でおばさんが一人で切り盛りしている小さなお好み焼き屋さん。店の中央に鉄板があって、棚には漫画本が並んでいて、フーフー言いながらヘラでお好み焼きを食べるあの風景。広島の子供達にとって、幼い日の原風景なのではないでしょうか。鉄人も最近になってやっとその風情が解って来て、広島人に仲間入りにしたような気もします。

ただやっぱり鉄人はラーメン党。一人ならやっぱりラーメン屋の暖簾を潜るのです。


今日の体重          66.5kg

今日の歩数          5,000歩

今日の食事   朝  ジャムトースト     1枚
           バナナのヨーグルト和え
           ホットコーヒー

        昼  お好み焼き
           水           1,000cc

        夕  ロールキャベツ     3個
           キムチ鍋の残り
           五穀米         1杯
           ノンプリン体ビール   少々
           水           2,000cc

        1,800キロカロリー
posted by masa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | B食のすすめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28690044

この記事へのトラックバック