2009年04月10日

新球場

Photo 桜と裸像
sakuratorazou.jpg

今日はカープの新球場のこけら落としの日です。カープファンのみならず広島市民にとっても待ちに待った日です。ですが試合の方はコテンパンにやられています。(試合途中なので進行形) 
 
新球場の正式名称は「マツダズームズームスタジアム広島」。何とも微妙なネーミングではありますが、近代的な美しい球場です。球場のデザインは、あのニューヨークヤンキーズの新球場をデザインしたデザイナーだとか。完全に大リーグを意識した球場作りで、野球場というよりボールパークと呼ぶ方がふさわしいようですね。

鉄人は野球観戦は好きなのですが、あまり以前の市民球場には足を運んでいませんでした。ライト側の外野スタンドでの、ビール片手の観戦は楽しいものでしたが、五日市の自宅からは意外と交通のアクセスが良くなく、観に行くのがおっくうになっていました。新球場の方はいくらかマシなようなので、近い内に観戦に出かけてみたいと思っています。

しかし考えてみれば、広島という土地柄はスポーツが盛んなところですね。プロ野球、プロサッカー、バレーボールにハンドボール。学生のスポーツでもサッカー、野球、ソフトテニス、柔道、駅伝、数えたらきりがありません。聞いたところによると、ママさんバレーボールの参加チーム数が、日本で一番多いのも広島県だとか。どんだけ広島県人はスポーツ好きでしょう。

おまけにマリンスポーツもウインタースポーツも近場で出来ます。気候も温暖。これだけスポーツをするのに適している場所も少ないのではないかと思います。まあマリンスポーツの場合、強風があまり吹かないので、ウインドサーフィンやヨットにはいまいちのようではありますが。

鉄人は最近はあまり自分ではスポーツをしなくなりました。学生時代は軟式テニスに硬式テニス(女子にもてたいが為のチョイス)、社会人になってからも草野球やジョギングなどで汗を流していました。でも最近はもっぱら散歩。それも年配の方に軽く抜かれるくらいの速度です。以前のスポーツオタクからすると隔世の感があります。

仏教ではスポーツに関する話しは鉄人の知っている範囲内では出て来ません。もちろん時代背景もありますが、身体を鍛えるというような内容も原始仏教にはあまり聞いたことがありません。仏教では血気盛んなのは「苦」を作る素である、という考え方がありますので、身体を鍛えることを重要視してはいなかったようです。勉強不足かもしれませんので、もう少し調べてみます。

話しは新球場に戻りますが、野球場というのは異空間。あれだけの人々が共通の意識の中で時間を共有しているのです。ですから隣り合った知らない同士でもすぐに仲良くなれる。新球場ならなおさらでしょう。普段の生活とは違った世界に遊ぶのは、たまにはいいものですね。

最後に広島3対11中日、試合終了しました。(涙)


昨日の俳句推敲しました。

きまぐれる 風の後先 桜舞う    鉄人

改め、

きまぐれる 風の後先 散る桜    鉄人



今日の体重       66.5kg

今日の歩数       6,500歩

今日の食事  朝    玄米パン(小)   2個
            ウインナー     2本
            
       昼    麻婆春雨
            鳥のカツ
            五穀米       半杯


       夕    グラタン   
            玉葱サラダ
            おからのハンバーグ
            五穀米       1杯 
            水         2,000cc
     
       1,600キロカロリー
posted by masa at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句を撮る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28389724

この記事へのトラックバック