2009年04月09日

桜散る

Photo 撮影助手
satueijyosyu.jpg

やはり桜は散っていきます。たぶん早く散ってくれと思っている人は少ないはず。でも桜は散っていきます。 
 
鉄人の家の前の集会所の桜も散り始めました。名残惜しそうに通りすがりの人達が足を止めて、その散り行く桜を見上げています。満開の桜はそれは息を呑む程美しいものですが、風に舞う桜の花びらは、それよりも美しく感じます。

それは日本人的な滅びの美学というか、その刹那的な美しさが叙情性を感じさせ、センチメンタルにさせるようです。鉄人もその刹那的な美しさをカメラに納めたいと思い、桜の散り行く様にトライするのですが、きまぐれな風のこと。なかなか思うような写真を撮らせてくれません。

昨日もトライしたのですが、風が吹かず、お目当ての桜吹雪が舞わないので、仕方なくかみさんに桜の木の枝を揺らしてもらい撮影しました。それなりには撮れたのですが、桜吹雪というより芝居小屋の紙吹雪といった感じ。自然相手は難しいものです。

夢のようなひと時はあっという間に終わってしまいます。花が散れば、桜の木というのは結構地味です。森の中にあれば何れが桜か解らなくなってしまうほど。桜が主役の座にあるのはほんの一週間ほど。まあそれがとびきりの主役ではあるのですが。

ことしも随分桜の写真を撮りました。風景写真家の中には全国の桜の開花時期に合わせて、日本列島を縦断している写真家が何人もいます。それほど魅力的な被写体なのですね。

鉄人が近県で一番凄いと感じたのは、岡山県にある「醍醐の桜」。山の上の方にある一本桜なのですが、とにかく大きい。あれほどの大きな桜はなかなか見ることが出来ません。樹齢も七百年とか。しかし地元の人は千年は経っていると自慢しています。どちらにしても大したものです。

しかし鉄人が一番好きな桜は隣の集会所に咲いている桜。本心から我家の為に咲いていると思っています。たぶん近所で誰よりも長く鑑賞しているでしょう。今年も美しい花を有り難うございました。

一句。

きまぐれる 風の後先 桜舞う    鉄人


今日の体重      66.7kg

今日の歩数      6,000歩

今日の食事  朝   アメリカンドッグ(小)  1本

       昼   焼きそば
           豚汁           半杯
           おにぎり         1個

       夕   鳥のカツ
           ハマチの刺身 
           サラダ大盛り
           五穀米          半杯
           ワイン          少々
           焼酎の湯割        2杯

       1,900キロカロリー
posted by masa at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句を撮る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28370173

この記事へのトラックバック