2009年04月05日

本日、満開

Photo 元禄桜
genrokuzakura.jpg

今日も宮島の撮影に出かけていました。宮島の桜は今日が満開。まさにピークです。たぶん明日になれば散り始めると思います。そんな桜が満開の宮島にひねもすいました。 
 
宮島の桜は紅葉と同じくらい有名ですが、実は桜の木はそんなに多くありません。しかしその桜の背景にあるものが、他の桜の名所とは少し違うようです。ご存知のように宮島は世界遺産に登録されています。世界が認めた宝であるのです。その内容は歴史的建造物に限らず、宮島という島全体に対しての評価だと思います。

ですからその宮島に色を添える桜は、一本一本の存在感が大きいと感じます。鉄人はカメラマンなので当然のように宮島に行けば写真を撮りますが、桜の花の咲くこの時期も宮島が大変に華やかに見える時です。

歴史的建造物を背景にした桜の花は、日本人の美の原点のような気がします。何故ならカメラや携帯を持っている観光客は当たり前のように、その桜に向かってカメラや携帯を構えます。まるでそれは条件反射のようです。見逃せないのですね。当然鉄人もカメラを構えます。そしてそこには絵のような元禄絵巻の世界が広がるのです。

何処を撮っても絵になります。ところが桜の木があるのは島の海の近く、弥山の麓の方だけで、弥山の山腹や頂上の方にはほとんど桜の木がないのです。弥山は原生林があることでも有名なように、山自体にほとんど人間の手が入っていません。植物が生まれるのも、育つのも、枯れるのもほとんど自然にまかせています。そんな山ですので、美しいからといって桜を植樹するというケースがほとんどないのです。

頂上に独立木として桜の木が一本だけあります。大樹ではないのですが、その存在感はピカイチ。この桜の満開の桜を観るとこれから本格的な春が山にも訪れるのだなあと感じます。

今日は広島の各地で花見の宴が繰り広げられていたでしょう。明日からは残念ながら散るばかり。儚いものです。この桜成長を一年周期で見ますと若葉が出るのが最初です。それが新緑になって、夏にはその緑の深さが増します。秋になれば紅葉になり枯れます。そして花が咲き、散る。なんと花が一番最後に来るのです。

ご存知でした?鉄人は知りませんでした。これにはびっくり。入学式に観ている桜の花は、実は一年の最後の姿だったのです。

またお楽しみは一年後ですね。


今日の体重       66.0kg

今日の歩数       14,000歩

今日の食事   朝   カレー
            トースト   1枚半

        昼   肉うどん
            水      500cc

        夕   カニ缶
            鍋
            ハマチ刺身
            ハム
            鳥の唐揚げ
            ワイン    少々
            焼酎お湯割  2杯
            水      1,000cc

        1,900キロカロリー


一句。


宮桜  本日満開  咲きに咲く     鉄人
posted by masa at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句を撮る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28295317

この記事へのトラックバック