2009年03月17日

鳥の撮影

photo 港にて
minatonite.jpg

今日は鳥を撮影していました。ある組合の会報誌の表紙に載せる写真を撮る仕事だったのですが、何となく鳥を撮っていました。この仕事、ある特定の地域内だったら、何を撮ってもいいのです。ただ何を撮ってもいいと言われると、逆に何を撮ろうかと思案してしまいます。  

普段の撮影ならクライアントから仕事の依頼があった時点で、クライアント側にある程度のイメージが出来ています。我々はそれを具現化するだけです。ところが今回のような撮影は、スタートが何も決まっていませんので、こちらが好きに出来るのですが、責任もすべて被るようになります。イメージ写真なので相手が気に入らなかったら終わり、みたいなリスクもあるのです。

そんな訳で今日取りあえず下見を兼ねて、現地を廻ってみることにしました。意外に殺風景な地域で、なかなか絵になる場所が見当たりません。しばらく車を走らせていると、港がありました。魚市場に面している港です。昼間なので眠ったように静かでしたが、港には鴎などの海鳥が結構いて、これはいい被写体を見つけたと小躍りしました。

鳥を撮影するのは面白いものです。彼らは餌を探して活発に飛んでいますから、その姿をファインダーの中に的確に捉えるのは、なかなか至難の業です。そのかわり動きのあるものの撮影の訓練には最適の被写体です。別に訓練ではなかったのですが、普段広告写真の場合、動きの激しい被写体を撮影する機会はあまりありません。俊敏なフットワークを身につける為にも、鳥の撮影というのはうってつけなのです。

鉄人の場合、動きの速い被写体の場合でも連写することは、ほとんどありません。もちろん連写が有効なのは解っているのですが、何故か連写は写真を撮った気分にならないのです。鉄人の場合、撮影する前にイメージは出来ています。今回のケースならイメージした通りに鳥が飛んだ瞬間に、シャッターを切るのです。ですから鳥を追いかける撮り方もしますが、風景写真の撮影のようにアングルを固定していて、その中の一点に鳥が飛んでくるまで待つ、という撮影方法もとるのです。

ですから決めたアングルの中の鳥の位置は、前でも後ろでもいけないことになります。このような撮影方法だと、あまり連写を必要としません。当然失敗もありますが、ジャストミートした時は嬉しさも格別です。またシャッターチャンスは一瞬しかありませんから、撮影の腕を磨く為にも有効な手段だと自分では思っています。

鉄人は逆光の写真が好きです。逆光で被写体のエッジが立って、主役がとてもドラマチックに画面の中で浮かび上がります。露出のコツは、オーバー目にしないこと。アンダー目にすることで、主役のエッジのハイライトが一層輝いて、主役を目立たてます。

鳥は専門の写真家もいるほど難しい被写体ですが、とっても面白い被写体でもあります。挑戦してみるのも楽しいかと思います。


今日の体重        65.8kg

今日の歩数        3,000歩

今日の食事   朝    あなご寿司    2艦
             竹輪の磯辺揚げ  半本

        昼    日清どんべえきつねうどん
             おにぎり     1個
             水        1,500cc

        夕    手巻き寿司
             じゃこ天
             味噌汁
             おはぎ      1個
             赤ワイン     少々
             焼酎の湯割    2杯
             水        500cc

        1,500キロカロリー
posted by masa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影の隠し味
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27660062

この記事へのトラックバック