2009年03月01日

春野菜

Photo 丘を登れば
okawonoboreba.jpg

鉄人の家の近くに小料理屋がある。なかなか美味しいと評判の店である。その店に昨夜かみさんと食事に出かけた。目的は春野菜の天婦羅を食べる為である。 
 
この時期のなると、決まって春野菜の天婦羅が無性に食べたくなる。鉄人には苦手な寒さが少しづつ和らいで来て、やっと春が来たなあ、と感じさせてくれるのが、この店で食べる春野菜の天婦羅なのである。かみさんも同じ様に思っているらしく、この企画はすぐに決定する。最近の我家の年中行事になりつつあるのだ。

蕗のとう、たらの芽、菜花にコゴミ、筍などの天婦羅が皿に並んでいた。ふたりはこの春の命を有難く頂戴させていただいた次第である。

考えてみれば子供の頃や若い時、これらのものを口にした記憶がない。蕗のとうやたらの芽、菜花などの味を知ったのは大人になって随分経ってからである。もったいないことをしたものである。しかし子供に美味しく感じられる味かどうかは疑問であるが。

そして今日である。昨夜のふたりは豊平の方へ車を走らせていた。理由は春野菜を探しに出かけていたのである。といってもふたりが山に入って春野菜を探していたわけではない。山間部の道の側に点在している野菜の販売所に野菜を買いにドライブしたのである。

これはかみさんの楽しみである。地元農家の直産物を買うのであるが、「キャベツがスーパーより五十円安いからラッキー」とか言いながら、喜々として野菜を品定めている。無粋ながら言っておきたいのであるが、ガソリン代がかかっているのである。

とは言いながらも、地元の人とふれあいながら、野菜を買ったり、試食品を味見してみたり、それはそれで楽しい時間であった。


一句。

 蕗のとう 噛むほど苦し 病み上がり   鉄人

つづいて、

 たらの芽の 天婦羅に笑む 席ふたつ   鉄人

さらに、

 野菜売る ばあばの笑顔 春の山     鉄人



今日の体重       65.5kg

今日の歩数       1,000歩

今日の食事   朝   トースト    一枚

        昼   おにぎり    二個
            うどん(小)
            唐揚げ(小)  二個  
            水       2,000cc

        夕   鍋
            五穀米     一杯

        1,200キロカロリー
posted by masa at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句を撮る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27301981

この記事へのトラックバック