2009年01月27日

思い出の一枚  靴と少女

Photo 靴と少女
kututosyoujyo.jpg

この写真はカンボジアの首都プノンペンのある寺院で撮ったものです。少女の前に揃えてある靴の男物の方の靴が、鉄人の靴です。旅塵に塗れ少々薄汚れた靴ですが、その靴と隣の女性物の靴だけ揃えられています。 
 
この写真を撮影する少し前から、この少女は鉄人の靴を触ったり、靴ひもで遊ぶような素振りをしていました。「何をしているんだろう?」と、ちょっと不思議に思っていましたが、寺院の中の撮影をしなければならなかったので、放っていました。そして撮影が終わった帰り際、この少女に興味を持ったので、写真を撮らせてもらいました。一枚撮って靴を履こうとしたら、隣にいたカンボジア人のガイドが、この少女にお金を渡しているのです。恵まれない子にお金を渡しているのかと彼に尋ねたら、彼女は仕事をしたからその代金を渡しているのだ、と答えました。そうなんです。彼女が鉄人の靴を揃えていたのは、遊んでいたのではなく、ビジネスだったのです。

渡したお金は日本円にして、10円〜20円くらいだそうだったのですが、それでも彼女の家族にとっては貴重な現金収入。相手が一方的にしたこととはいえ、小さな体で家族の為にちゃんと仕事をしていることに、静かな感動を覚えたのです。ちなみに靴を揃えるのは、外国人の靴、それも基本的には革靴しかしないそうで、ちゃんとビジネスの基本スタイルがあるのだと、妙に感心しました。プノンペンにいると日本では考えられないような陳商売やアイデア商売。この少女のような勝手な商売など、一所懸命働いているカンボジア人には申し訳ないですけど、笑ってしまうような小商いが、山ほどあります。今度またブログで紹介します。

鉄人はカメラマンですが、意外に自分が写っている写真は少ないものです。この写真は鉄人本人は写っていませんが、伴に旅をした自分の靴だけが写っているのが、鉄人にとっては返って新鮮で、今となっては思い出深い一枚になっています。

今日の体重       66.6kg

今日の歩数       10,000歩

今日の食事   朝   焼き餅    一個
            コーヒー

        昼   焼きそば
            水      2,000cc

        夕   鶏肉と豆腐の水炊き
            海老のフライ(小)  二本
            生ちくわ(小)    一本
            五穀米        半杯
            胡麻豆腐(小)    一丁
            ワイン        少々
            焼酎の湯割      二杯
            水          500cc

        1,400キロカロリー
posted by masa at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出の一枚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25995598

この記事へのトラックバック