2008年12月22日

寝て起きて 大晦日(おおつごもり)の 無精髭

Photo 寒芒
寒芒.jpg

この句は正岡子規の句である。彼が学生時代(帝国大学、今の東大)、郷里の松山に帰省していた時に詠んだ句で、のんびりと古里で新年を迎える心境が、ユーモアを感じさせながら詠まれていて、鉄人が好きな俳句である。

というのは真っ赤な嘘で、実は鉄人が作った俳句なのである。ちょっと悪趣味ないたずらをしてしまったが、最初そうかもと一瞬でも思った人がいたとしたら、まんざら悪い気はしない。何故冒頭にこんないたずらをしたかというと、有名な俳人でも以外と普通な俳句を詠んでいるケースも結構あるのである。鉄人の母親が作った俳句が有名な俳人の句と、花の種類を除いてまったく同じであった、という事も実際にあったのである。

ちなみに有名な俳人の普通っぽい句を取り上げてみたい。

けしの花 大きな蝶の とまりけり      正岡子規

温泉(ゆ)の底に 我足みゆる けさの秋   与謝蕪村

雪とけて 村いっぱいの 子ども哉      小林一茶

下駄箱の 奥になきけり きりぎりす     正岡子規

早春の 鎌倉山の 椿かな          高浜虚子

古里に 帰るは嬉し 菊の頃         夏目漱石

うまれた家は あとかたもない        種田山頭火


などである。何か普通。有名な俳人の作品とは知らないと仮定して、テレビの俳句番組に応募したら、やっと入選かなってな感じである。山頭火に至っては入選の可能性すらない。もちろんここに取り上げた俳人はすべて好きであるし、素晴らしい俳句の数々は、それこそ枚挙に暇がない。ここに取り上げた句が、出来が悪いという訳ではなく、解り易い句だったので、ちょっと遊んでみただけである。

ところが松尾芭蕉だけは、この普通っぽい句が見当たらないのである。彼の作句の特徴として、一度作った句を何度も推敲するという方法をとる。一作一作に妥協を許さないのである。それは旅を住処とする彼の人生スタイルにも関係してくる。昔の旅は今と違って命がけなのである。今作った句が、何時最後の句になるか解らない。それゆえ少しでも納得出来る作品にするために、推敲を繰り返し完成度を上げるのである。かくしてその珠玉の作品群は、鉄人のお遊びにはとても使えないのである。

俳句は面白い。長文ではないので、ひょっとしたら鉄人の様なド素人でも傑作が作れる奇跡があるかもしれないのである。懲りずにまた近い内に作品をブログに出してみたい。寸評をいただければ幸いである。

今日の体重 70.9kg
posted by masa at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句を撮る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24647425

この記事へのトラックバック