2014年09月04日

エンゲルベルト・フンパーディンク。

写真.JPG

昨日の美空ひばりに味をしめた鉄人は、昔好きだった歌手をYouTubeで探してみることにした。さて本日の歌手は、エンゲルベルト・フンパーディンク。若い人はほとんど知らないと思う。

鉄人が中学の頃の英国を代表するポピュラー歌手である。柔らかみのある美声と圧倒的な声量、まさに圧倒されたのである。エキゾチックな美男で、当時女性ファンにモテモテであった。

彼の曲でその頃鉄人が知っていたのは、「太陽が燃えている」の一曲のみ。シングルレコードしか買うお金がなかったので、この曲を繰り返し繰り返し延々と聴いていたことを覚えている。歌詞カードを見たわけではないのに、英語の歌詞を諳んじていたほどだ。意味など分からず。

鉄人は小細工無しの朗々と歌うストレートな歌い方が好きである。エンゲルベルト・フンパーディンクはその代表と言えよう。外連味の無いその歌い方は、昨今の日本人の歌手にはなかなか見当たらない。

日本人歌手では尾崎紀世彦が好きなのだがよく似ている。フンパーディンクは今年で77歳になる様だが、驚いたことにまだ現役である。あの圧倒的な声量は流石にいささか落ちたが、その分歌の表現に深みが出て来ている。良い歳の取り方をしている様で、YouTubeで彼の近況を知り、元ファンとしては嬉しい限りである。

「太陽は燃えている」以外に、「リリース・ミー」「慕情」も良かった。ひとりカラオケに行ってみたくなったのである。

Every winter,every summer,every fall~♪


https://www.youtube.com/watch?v=ngv7U1H3XgA
posted by masa at 23:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。