2014年07月21日

手直し。

ryouri2.jpg

「生前写真」がメドが立たないのでホームページを手直ししてみた。手直しというより一からやり直しだ。

鉄人は要領が悪い。悪いが諦めも悪い。諦めずに手直ししていけば、何処かで必ず芽が出るのではないかと信じている。

自分を信じないと信じるものがない。いくら能力がなくてもその分は努力で補うしかない。でもその努力も努力のしがいがあるものでなければ力が出ないのも確かだ。

彼のエジソンは、一日に1時間くらいしか寝ず、その寝場所も研究室の机かどこか適当なところで仮眠していたそうだ。そんな暮らしを80歳過ぎの高齢になるまで続けている。

それ以外は発明に没頭していたことになる。彼にとってその努力は意味があるものだったのだ。鉄人も意味のある努力をしたい。

新しいホームページ用に料理写真のギャラリーを作ってみた。もっと沢山作ったがその1ページである。素人がやっているので完成度は低いが思い入れは強い。

悪戦苦闘しながらも意外に楽しんでいるのである。
posted by masa at 22:51| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
継続は力なり、ですよーん。
Posted by かえる at 2014年07月23日 12:59
かえる様 いらっしゃいませ。 何時もコメント、どうもありがとうございます。

暖かい励ましのお言葉、痛み入ります。仏教の修行もそうなんですが、独りで細々やっていると、これで良いんだろうか、このやり方で正解なんだろうかといろいろ不安になります。

でもやらないと未来は開けない訳で、ともかくも継続だけはしていかなきゃぁ〜と思っております。何しろ「四柱推命」で占ったら小生「大器晩成型」の様ですから。

でも流石にそろそろ形にしなきゃ「晩成」にも間に合わないと少々焦っております。
Posted by 鉄人 at 2014年07月23日 17:44
鉄人さん、こんばんは。はっきりくっきりです(⌒‐⌒)
『生前写真』は必要だと思います。私も願わくば鉄人さんに撮って頂きたいです。
いつも家族が見ていた自然な姿で遺したいですね( ´∀`)

でも、人間、いつ死ぬかわからないので撮るタイミングが読めないですよね。
今撮っても使う時期が20年後なんて事になるかもしれないし。
じゃあ20年を待ってたらその前に消えちゃうかもしれません(^_^;)

まあ、その時はその時でなるようにしかなりませんが、
『自然な姿で遺したい』と考えている人は少なくないと思います。
ただ、みなさん撮るタイミングに迷ってるだけかも知れませんよ。



Posted by はっきりくっきり at 2014年07月23日 23:25
はっきりくっきり様 いらっしゃいませ。 何時もコメント、どうもありがとうございます。

「生前写真」は、メインで持ってくるにはちょっと苦しいのかな。というのが現状です。ホームページは作って終わりではなくて、毎月の維持費も掛かってきますから、商売なのでどうしても利益が出る方向で行かなくてはなりません。

ある程度先行投資もしておりますので、今のままならそれを回収するのが困難の様です。商売は我慢も大事ですが、何処で見切るか。というのも商売を続けて行く上での大切な要素だと考えています。

決して「生前写真」を撮らない訳ではなく、これからはホームページ上でのその扱いがサブ的な紹介になることになります。広島の市場では、オンリーで食べて行くのは至難の業になりますから仕方がないところですね。

母と同居することになりましたが、まだ「生前写真」を撮っていません。やはりタイミングといいますか、自分の心理や相手の心情を慮ると意外に難しいものだなと実感しております。
Posted by 鉄人 at 2014年07月24日 09:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。