2014年07月18日

朝帰り。

「遭遇」

2003_0601_170647AA 2.JPG

鉄人、今朝熟女と朝帰りをした。むふふ・・・。って、かみさんとなんだけど。実は昨夜から愛媛県の松山市に出かけていた。

旅行と言いたいところだが仕事である。今朝オープンする飲食店があって、そのオープン前に竣工写真を撮影したのだ。

夜の9時頃広島を出て松山に0時半に到着。撮影を済ませ3時頃松山を出て広島に戻ったのは朝6時半頃である。松山にいたのは真夜中になる訳だ。

真夜中の街なんて暗いんで何処も同じである。折角久しぶりに松山に行ったのに何処も観光せずじまい、撮影の時は何時もこうだ。

今回松山に行って驚いたことと頭に来たことがひとつずつある。ひとつは、今治の小松から松山道に抜ける「今治小松自動車道」という有料道路があるのだが、約23キロあるその道路を走っている間、ただの一度も対向車と遭遇しなかったのだ。

23キロといえば、鉄人の家がある五日市から高陽町までくらいの距離がある。その区間一度も車を見なかった。これって結構怖い。自分の感覚の中では有り得ないことだからである。

真夜中の自動車専用道路を鉄人の車だけがひた走っている。何かSF映画のプロローグみたいで不気味であった。

頭に来たのは松山からの帰り道である。松山の街の中を車で走ったのだが、信号が真夜中なのに全部生きているのである。

交差点から出て来る車など皆無なのに、信号が変わる度に止まらなければならない。不運なことに信号の繋がものすごく悪かった。

その度に「松山って田舎だなあ〜」と鉄人。「ホント田舎、なんで点滅にせんの?」とかみさん。ふたりで悪態をつきながら深夜の松山の街を通り過ぎたのである。

もうひとつ気づいたことがあった。高速道路の車が少ないことに。気のせいかもしれないが、以前なら山陽道は深夜でもトラックで混んでいた。その中を運転するのは結構緊張したのだが、今回はそれがあまりない。多分、料金値上げで利用が減ったのだろう。

ほぼ徹夜の仕事になった訳だが、これをやると後遺症がひどい。今でもぼけぇ〜ってしているが、これが三日くらい続く。若い頃ならちょっと寝たらすぐ元気になったのに。

「お互い年だね」ってかみさんと顔を見合わせた。年のかみさん、辛い仕事につき合わせて申し訳ない。
posted by masa at 17:37| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
タヌキと遭遇したのかと思ったら熟女だったんですね。
いいなあ、そんな熟女と朝帰りしてみたいですよ。
Posted by Ryan at 2014年07月19日 21:56
Ryan様 いらっしゃいませ。 コメント、どうもありがとうございます。

熟女といってもかみさんです。年齢的には確かに熟女ですけど。(笑)

時々思うんです、ひょっとしてタヌキか何かがかみさんに化けて悪戯していることがあるんじゃないかって。対向車が1台もいなかったことや信号にやたら引っかかったのも、もしかしたら悪戯だったかもしれませんね。

えと、タヌキというよりキツネに似てます・・・。
Posted by 鉄人 at 2014年07月19日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。