2014年06月23日

安全策(柵)。

写真.JPG

昨日はちょっと日曜大工をやってみた。鉄人の家の階段は螺旋階段である。螺旋階段にしたのには訳がある。一階が写真スタジオなのだが、写真スタジオは天井が高い方が良い。

スタジオの中央に被写体になる人間が立って、その上に照明を設置するのには高い天井が必要になってくるのだ。当スタジオの天井高は4メートルである。

その高い天井を持つ家の二階に上がるのには螺旋階段が一番容積少なくて済むのである。友人の建築家がデザインしたこの螺旋階段は、確かに美しい。でも綺麗な薔薇には棘があるのである。

この螺旋階段は極めて危険な代物でもあるのだ。写真のように手摺の柱の間隔が広く空いている。デザイン的にはシンプルですっきりしている。

でもこの隙間から子供の体なら簡単に落っこちるのである。母の体も小さい。小六くらいの大きさなので、やはり簡単に落っこちる可能性がある。

足が悪い母なので、たとえ手摺があっても何かのアクシデントでそんなことが起こらないとも限らない。母は以前自宅のカーペットに足を引っかけて足を骨折した経験がある。

なにせ天井高が4メートルである。落っこちればマジで命も危ない。怪我は自宅で起きる確率が一番高いのである。

という訳で手摺に網を張ることにした。ホームセンターで園芸用の網を買って来て結束バンドで止めた簡単なものだが無いよりはマシである。時間があるときにもう少し補強しようと思う。

長男の友人達に子供ができた者が出始めた。子供を連れて我が家に遊びに来るかもしてない。自分の孫の予定は当分無いが転ばぬ先の杖である。幾らか不安が解消されたようだ。
posted by masa at 22:37| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。