2014年06月21日

ギリシャ戦。

「水田」

若苗.jpg

何時もはワールドカップをリアルタイムで観ることはない。昨朝のギリシャ戦は朝食時間と重なり何となく観てしまった。

大して興味がないワールドカップではあるが、鉄人にもナショナリズムはある。勿論日本代表を応援していた。押し気味の試合展開で、おまけにギリシャの選手がレッドカードで退場になった。

当然益々日本が有利になるはずだが、鉄人、そのレッドカードが出た時点でほぼ引き分けを確信したのだ。はたして試合結果はその予想が当たり引き分け。日本にとっては手痛い引き分けになった。

理由は簡単である。ギリシャはレッドカードを出した時点で勝利をほぼ諦める。引き分けに持ち込めれば御の字である。当然ディフェンスを固める。

高身長のギリシャの選手達に10人全員で守備を固められたら逆になす術がなくなる。ドリブル突破も空中戦も効かない。元々堅守で勝ち上がって来たチームである。勝つつもりがなければこれほどやりにくい相手もいなかったであろう。

今回のワールドカップでは、各国の代表チームを動物に例えるというのが話題になっているが、ギリシャはカメレオンだそうである。何とか生き延びる術を知っているというのがその理由らしいのだが、昨朝の試合などまさにその特徴が見事に現れていたと思われる。

猛獣を相手に戦う力はあるが、一度倒れるとなかなか起き上がれないキリンに例えられている我が日本代表。これもまた然りのようである。

ギリシャ戦のように、物事の綾というのはなかなかセンシティブなものである。ここまでは日本には絶望的な展開だがまだ何が起きるか分からない。日本にとってラッキーになるような「綾」に期待したい。
posted by masa at 23:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。