2014年10月26日

パパジ。

写真.JPG

今日は午後から散歩に出かけていた。道元に興味を持ち近くに禅寺がないかと探していたら、観音台の上の方に「観音寺」という曹洞宗の寺があることを知った。

我が家からは約1時間の道のりである。曇っていて雨が心配されたが、同行するかみさんが「晴れ女」なので、それを信じて出発することにした。

観音寺は結構山の上にありいささか疲れたが、この寺は別名「花の寺」と呼ばれていて(あじさい寺とも呼ばれている)、一年の多くの期間、様々な花を楽しめるそうだ。

帰ろうとしたとき、寺にいたおばさんに呼び止められる。これも縁だと思い15分ほど雑談していたのだがこれがいけなかった。帰りの道中、雨が降ってきたのである。

雨の中を歩いた時間は15分ほど。ちょうど呼び止められて話をしていた時間分である。「お茶も出なかったし、話さなきゃ良かったね。」と、かみさんは愚痴る。

今日は比較的温かったので助かった。鉄人には良い思い出になった。

話はガラリと変わるが、YouTubeでパパジという方の動画を偶然見つけた。インドの聖者らしい。パパジの師は
ラマナ・マハルシ。この師の本は読んだことがあるので興味を持った。

動画の内容は、弟子に向かっての説法の様だがこれが素晴らしい。真理をとても分かりやすい言葉で説かれている
。穏やかでユーモアがあり一目で人格者だと感じた。

話の内容は釈尊の教えと変わらない。真理は誰が説いても同じだからだ。方便が異なるだけである。ご興味のある方は、パパジの動画をご覧いただきたい。

https://www.youtube.com/watch?v=ddSLbrwGqLY

https://www.youtube.com/watch?v=oMj_txh6ztc

https://www.youtube.com/watch?v=iuCClgCRJek

https://www.youtube.com/watch?v=H14cQg1jTcs

https://www.youtube.com/watch?v=qYAosfgqDGY
posted by masa at 23:24| Comment(0) | 日記