2014年10月25日

ワシに監督やらさんかい!! 打者編

「大水車」

DSC_4228.JPG

日本シリーズはまだだがドラフトも終わり今年のカープは終了した。来年は本気で優勝が狙えそうな実力がチームに付いたと思う。

今年、優勝が出来ず二位も逃した原因を探ってみた。来年優勝を確実なものにする為には、今年優勝出来なかった原因を調べそれを解決するしか無い。

鉄人が思うには、今年のカープは勝負どころの試合をすべて落としている。1ゲームまで迫った巨人戦。勝つか引き分けでも2位が決まる阪神戦。クライマックスシリーズ。いずれも打てなかったのが敗因だ。

今年のカープは打撃が好調だったにも関わらず肝心なときに貧打で負けているのだ。何が足りなかったのか。それは経験だと鉄人は分析した。

大勝負の時ほど経験がものを言うと思うのだ。カープ打線は若い。ベテランもいることはいるが、優勝を争う様な経験を今まで十分にしてきたかと言えば否である。長い間下位にいて大勝負の経験があまりないのだ。

カープは打撃自体は良いのだから、一枚〜二枚代打専門の大物ベテラン選手を他球団から採りたいところである。

もうひとつ。打線は好調だったのだが、日替わりの打順はいただけない。打順にはそれぞれの役目があるのだ。一番バッターには一番の。二番には二番の。それ以外もしかり。それぞれの役目を理解しそれを形にするのにはやはり経験がいる。

猫の目打順ではそれを十分に果たせないと思う。事実シーズン終盤の勝負どころの試合で打順を組み替えて失敗している。

で、鉄人監督は来年の先発オーダーを作ってみた。

一番   田中     ショート
二番   菊池     セカンド
三番   丸      センター
四番   ロサリオ   レフト
五番   松山     ライト
六番   エルドレッド ファースト
七番   會澤     キャッチャー
八番   堂林(鈴木) サード

いかがか?一番から六番までジグザク打線。エルドレッドの長打力は魅力だが、四番としては荒い。六番に置くことでクリーンナップをふたつ組めると考えた。

田中、菊池、丸は俊足巧打、また野球頭が良い。ここを固定することでカープ野球を浸透させることが出来る。四番ロサリオも状況に応じたバッティングが出来るし長打力がある。今年の成績も悪くない。馴れてくると大化けするかも。

松山は大きいのも打てるしシュアなバッティングが魅力だ。足がもう少し速ければ良いのだが。エルドレッドを六番に置くことで相手のチームが嫌がると思う。彼も六番の方が気楽に打てるだろうから、長期のスランプが減るのではと期待している。

會澤は捕手だが元々バッティングが良い。八番より七番の方がチャンスに巡ってくることが多いのではないか。八番は堂林か鈴木誠也。鉄人は以前より鈴木を買っているがまだ経験が足りない。堂林は不安定だが意外性がある。八番で気楽に打たせて経験を積ませたい。

代打陣は、梵と廣瀬のベテランに期待したい。ふたりともバッティングが巧い。体力的にも休ませながら使う方がコンスタントに成績が残せると思われる。小窪も勝負強い。守備もいける。上手く使いたい。

他に木村や新外人グスマン、新人の野間もいる。なかなか選手層が厚い。打撃陣は十分優勝を狙える陣容である。





  



posted by masa at 21:19| Comment(0) | 日記