2014年10月22日

老舗物語。

写真.JPG

ものごとは続くときは続くもので、昨日また鉄人が撮影した写真が載っている見本誌が送られてきた。本のタイトルは、「ひろしま老舗物語」。最近、広島市を中心に書店で販売されている。

広島ホームテレビの人気番組「あっぱれ熟年ファイターズ」の中で取り上げられた老舗を本にしようと企画されたものだ。

鉄人だけが撮影を担当した訳ではないが、結構携わっている。実はこの企画に参加するまで、「熟年ファイターズ
」をテレビで観たことがなかったのだ。打ち合わせのとき、担当者は当然鉄人がその番組を観ているという前提で話を進められたので、鉄人が観たことがないことを知るとがっかりした表情をされちょっと気まずい思いをした。
それからはテレビでその番組を努めて観る様にしている。

本の内容は、広島県にある老舗の今昔物語と言える。創業当時の苦労話や、その後の発展などの様子を写真と文章で紹介したものである。

広島市には、何百年と続いているような老舗は少ない。原爆で無くなったからだ。だから大体50年以上を基準に「老舗」としている。鉄人、この老舗というのが好きで、仕事ではあったが大変興味深い経験をさせてもらった。

鉄人は広島の生まれではない。広島の老舗に対する思い出や思い入れは少ない。どちらかというと新しい世界を知る楽しみなのである。この本で取り上げられている老舗は、大企業から街の小売店まで大小様々である。小さな店から始まって今や知る人ぞ知る存在になった大企業もあれば、創業当時から何も変わっていない老舗もある。

それぞれが長い歴史を刻みながら生き抜いてきた訳で、それぞれに興味が尽きない。この本で紹介されている老舗は約30余り。まだまだ数多くの老舗が存在する訳で、この本に載っている老舗以外の老舗も何時の日か訪れてみたいものである。


posted by masa at 15:37| Comment(0) | 日記