2014年06月19日

観察の危険性。

「慈雨」

2003_0612_154551AA.jpg

解脱の為には、「無常」「無我」「苦」の観察を徹底的に行うことが必要になる訳だが、仏陀は、その観察に於ける「汚れ」に注意する様説かれている。

我々が目指す解脱にとって観察は必須なのだが、そこには危険性も孕んでいると指摘されているのである。それも真剣に徹底して修行している修行者ほど陥り易い落とし穴なのだ。

観察の汚れは十種類あるらしいのだが、その内容は難しい。それはある地点まで到達している修行者でないとその落とし穴は存在しないからである。

真面目に真剣に修行しているのに汚れる。汚れるのはこころである。このパラドックスを回避しなければ到底解脱には辿り着かないことになる。

ではどういう理由でこころが汚れるのであろうか。スマナサーラ・バンテーが「ブッダの実践心理学 第八巻」で説明されている十種類の「汚れ」の内の2〜3を取り上げてみたい。

ひとつ目は「光」である。瞑想していると、目をつぶっているのにも関わらず、頭の中に光が現れてくる。この現象が現れると、修行者は喜ぶのである。

中にはこれこそが「悟りの光だ」と勘違いする修行者も出てくる。だが光は現象であって、悟りとは無関係なのだ。光が現れたことで喜び、それに執着する。これが「汚れ」なのである。

二つ目は「智慧」。例えば無常を観察する。一切の現象は無常であるという真理をまざまざと理解するようになる。これが智慧である。

その事自体に問題があるのではなく、そのことで「これは解脱である」と解釈してしまうことが「汚れ」になるのだそうだ。無常に対する観察に於ける理解と解脱はまた別もの。ほとんどの優れたヴィパッサナー実践者が引っかかる可能性がある「汚れ」になる。

三番目は「喜」。喜びである。修行が進み、ある地点に来ると勝手に喜びが湧いてくる。これは修行の成果であるのだが、問題はこれも悟ったと勘違いすることにある。

修行の目的は、一切の執着を捨てることであって、喜びに溺れる事ではないとバンテーは説破されている。

鉄人は修行不足で今だこの境地には達していないが、本の内容は何となく理解できる。これからはこの「汚れ」に陥らない様注意して観察して行きたい。


posted by masa at 23:56| Comment(0) | 日記

奇跡。

「風渡る」

DSC_0039.jpg

これは偶然なんだろうか、さて奇跡なんだろうかと思う事が鉄人の人生の中でよくある。先週もそうだった。

先週、仕事の予定は大変詰まっていた。無事に撮り終える事が出来るか不安だったのだが、そこにその不安に追い討ちを掛けるような不安材料が増えたのだ。

それは体調不良である。ひと月前程から十二指腸潰瘍を患っていたのだがその症状が重くなりだしていた。悪い事は重なるというが、あろうことか痛風まで発症したのである。

普通でも上手くやれるかどうかのギリギリの線。それが体調不良となれば不可能に近い。島根県の沖の島での撮影も入っていた。

受けた以上断れない。代わりもいない。鉄人窮地に追い込まれたのである。ところが奇跡が起こった。ドタキャンである。それも立て続けに4件も。一週間で4件のドタキャン。そんな事は今まで一度もなく、一遍に4件なんてありえない話である。

鉄人、窮地を救われたことになる。普通なら立て続けに4件もドタキャンされたら凹む。だが今回だけは本当に感謝した。もし予定通りに撮影が行われていたら今頃どうなっていただろうか。

去年もあった。3月頃のことだったが、その頃も忙しかった。鉄人の体調は今回よりも深刻で、精神的に病んでいたのである。パニック症状が出る一歩手前まで行っていたと考えられる。

その日も何件も飲食店の撮影をしていたのだが、鉄人の精神は限界に近づいていた。次の撮影をしたら多分こころが壊れると現実的に感じていたのである。

そのときも奇跡が起きた。同行のライターさんのお婆さん亡くなられ、その撮影を急遽キャンセルしてライターさんが帰られたのである。

これもちょっと考えられない話。仕事中でも縁者のご不幸はあるかもしれないが、自分がこのままでは危ないと感じた時にそれが起きている。去年のこの事といい今回といい鉄人にとっては奇跡的なことなのである。

これは偶然なんだろうか。鉄人の人生は決して順風満帆とは言い難いものだが、不思議とそんな奇跡的な事に節目節目で助けられている。

守護霊がいるかどうかは不明だが、超危なっかしい人生を歩んでいる鉄人が、見えない何かに助けられているのは間違いない様だ。

今までそんな風に助けられて生き存えているのなら、何とか修行を重ね己の人格を上げていかねばならんなと感じているのである。

追伸 時間的に楽になったお陰か潰瘍も痛風も大分良くなった様だ。
posted by masa at 00:02| Comment(2) | 日記