2014年04月10日

担々麺の思惑。

「落花」

DSC_1048.jpg

今日の昼、鉄人はかみさんとデパートで昼食を摂った。かみさんは無類の担々麺好き(鉄人は彼女のことを担々麺子と呼んでいる)、そのデパートにある中華レストランの担々麺が一番好みらしく、達っての希望で本日その担々麺を食べることにしたのだ。

デパートの中華レストランと言っても大変リーズナブル。鉄人は1,000円の担々麺と炒飯、飲茶、杏仁豆腐のセット。かみさんは担々麺と炒飯のセットを頼んだ。これは860円。

鉄人の方が少々豪勢である。やがてふたつの担々麺セットが運ばれて来た。そのとき鉄人は機転を利かし、かみさんに1,000円のセットをあげ、自分は安い方のセットにしたのである。

どちらにも担々麺と炒飯がある。おまけに1,000円の方は、それ以外に飲茶や杏仁豆腐まであるのだ。鉄人の咄嗟の判断でのクリーンヒット、かみさんも喜んでくれるはずである。

ところがかみさんの表情が曇る。「何故だ?」どう見ても1,000円セットの方が豪華じゃないか。理由があったのである。1,000円のセットの方の担々麺が少〜し量が少なかったのだ。

なにしろあだ名が「担々麺子」である。担々麺に対する執着は尋常じゃない。折角デパートまで来て、大好物の担々麺にありついたのに、ちょっと量が少ない。それでいささかご不満だった様だ。


交換してあげると言ったが、今度は違う欲が出てきたみたい。やっぱり飲茶も杏仁豆腐も(餅もあった)食べたいのだ。量がある方の担々麺を食べたら、それらの御馳走が入らないかもしれない。事実、結果としてはちょうど適量だったみたいで、途中からはご機嫌であった。

小さな親切大きなお世話。ひとの気持ちはなかなか分からないものだなあ〜と改めて感じた次第である。


posted by masa at 23:30| Comment(0) | 日記