2014年02月23日

浅田真央論。

「語らい」

2002_0201_140037AA.jpg

ソチオリンピックが終わった。鉄人、オリンピックにはあまり関心がなく、その関係の番組を観ることも少なかったのだが、浅田真央選手のテレビだけは否応無しに観ることとなった。

ここ数日、何処のチャンネルを回しても、真央ちゃん一色である。画面も感動的シーンばかり放送するのでつい観てしまうのだ。

実は鉄人、ソチが始まる前に、真央ちゃんのことを予想したことがある。「メダルは多分獲れない」「有終の美を飾る」の2点である。

果たしてその予想通りになってしまった。鉄人は霊能者ではないので予言はできない。ただ彼女のタイプを分析して、多分その様になるのではないかと思ったのだ。

彼女は、幼い頃からフィギアスケートの世界で頭角を現し、「天才少女」と呼ばれていた。更に容姿にも恵まれ性格も素直、日本国民の関心の的であったのだ。

しかし年齢制限でオリンピックに出場できなかったり、早く母親を亡くしたり、ライバルのキム・ヨナに負けたりと、多くの苦しみを味わっている。

このタイプの人間は、人生の振り子の幅が大きいのである。苦しみが普通の人々より大きい分、喜びも大きい。その大きい振り子の幅を人々が観ていて感動を覚えるのである。

美空ひばり、長嶋茂雄、ジョン・レノン、マイケル・ジャクソンなどスーパースターと呼ばれる人物の全てが、明暗のコンストラスが激しい人生を送っている。

浅田真央も、フィギアスケート界に於ける不世出のスーパースターである。人々を感動させるのは記録よりも記憶に残る人物なのだ。

で、どのような演出ならその浅田真央というスーパースターが一番輝くのかを、鉄人、予想したのである。まずオリンピックという最高の舞台。第一幕は、苦戦を強いられると予想された団体戦への出場、そして残念な結果。その精神的肉体的ハンデを背負ってのショートプログラムでの大失敗、しかし最後にフリーでの完璧な演技。

このシナリオが、浅田真央というスターが一番輝く流れであったのだ。成績とすれば6位という彼女にとっては不本意なものである。しかし世間は最高に盛り上がっている。それは完璧な演出のドラマを観れたからである。

鉄人は、彼女が持つドラマ性に期待していた。必ず何かをしでかすと。努力家でチャレンジャーの彼女とすれば、ミスをしての金メダルより、たとえメダルを獲れなくても自分が思い描く完璧な演技をすることの方が、多分彼女にとっては重要なはずである。

そしてその願望は叶った。努力は必ず報われるとは限らないが、報われる可能性は高くなる。彼女の土壇場での最高の演技は、豊かな天賦の才能と共に、日頃の地道な努力での結果でもあるのだ。

何の才能もない鉄人だけど、真央ちゃんに見習うことは多いのである。
posted by masa at 23:23| Comment(2) | 日記