2014年01月23日

コロッケ。

「待ちぼうけ」

DSC_10061.jpg

今日の晩飯はコロッケであった。昨夜テレビ番組でコロッケを作っていて、早速今日、かみさんがその作り方を真似てやってみたのだ。

美味かったのだが、何時も不思議に思うことがある。何でコロッケをおかずにしてご飯が食べられるのか。ということである。芋と米は、炭水化物と炭水化物の組み合わせである。鉄人にはありえない組み合わせ。到底無理なのだ。

かみさんは全然平気。理解不能である。「コロッケ定食だってあるじゃない。」そりゃそうだが、そっちの方がおかしいと鉄人。かみさんはかみさんで、鉄人のことが理解不能らしい。

そこでこんな時、必ず鉄人が求めるものがある。例のかまぼこである。今日は魚肉ソーセージもあった。それらをおかずにして、ものすごく美味しそうに、嬉々として残っていたご飯を食べたのである。

やっぱりこれも、かみさんには理解不能の様だ。


今日の一句  

大寒の 二の句が継げず 腕を組む 

だいかんの にのくがつげず うでをくむ

                              鉄人 てつと
posted by masa at 22:47| Comment(0) | 日記

ペン字。

「市場4」

DSC_0048.jpg

ペン字の練習を始めた。勿論金が掛かる通信などではない。ただの独学である。正月過ぎたらペン字の教材のチラシがやたら新聞に入ってくる。年賀状で、己の字の拙さに凹んだ人間が、少しでも字が上手くなりたいという心理につけ込んでくるのだ。

鉄人も同じ様に年賀状で凹んだ口である。実は大分昔独学でペン字の練習をしたことがある。稀代の悪筆であった鉄人が、人並みの字を書ける様にはなったのだが、落とし穴が待っていた。

その時に練習しなかった字が全然上手く書けないのである。鉄人は年賀状の宛名を直筆するのだが、普通に書けている字の中に飛び切りヘタクソな字が混じるのである。

他が普通に書けているので、その飛び切りヘタクソな字が飛び切り目立つ。全部下手な方がマシだと思えるくらいである。今回閉口した文字は、渡邉の「邉」の文字。もうひとつ、これも渡邊の「邊」の字である。

普段全く書くことのない漢字である。もう全然上手く書けない。年賀状を何枚もダメにする。焦った鉄人は「邉渡」と書いてしまったこともある。

到頭まともに書けないまま年賀状を出すハメになってしまった。出来ないことは練習するしかない。そこで再びペン字の勉強を始めたのである。

やり出すと不思議なもので、上手く書けていると思っていた文字さえ見本とは大分違うことに気が付く。いつの間にか変な癖が付いているのだ。いわゆる自己流というやつである。

適当に崩して書くので一見上手く書いている様だが、自己流なので、間違った崩し方をしている訳である。ちょっと字を勉強している人にはすぐバレる。これは恥ずかしいことである。

かくなる上は一から勉強をし直すしかない。ペン字も繰り返し練習するしか上達の道はない。で、取りあえずまたやり始めたという訳なのだ。別に嫌々やっている訳ではないので、俳句の次にまた楽しみがひとつ増えたのである。
posted by masa at 00:12| Comment(0) | 日記