2014年01月21日

推敲。

「雪林」

DSC_8274 のコピー.jpg

昨日の俳句で、「寒雲を 頂きに載せ 伯耆富士」と詠んだ。そんなに悪い出来だとは思わないが、風景描写で終わっている。心理描写がないのだ。

写真を撮ろうと思ったら山頂に雲が掛かっていた。「残念」。その残念さが昨日の俳句には出ていなかった。そこで推敲してみる。出来たのがこれである。

凍雲で 頭隠すか 伯耆富士    とううんで あたまかくすか ほうきふじ

冬の寒々さがもっと欲しかったので、「寒雲」を「凍雲」にしてみた。「頭隠すか」で、折角写真を撮ろうとしたのに、どうして雲で山頂を隠すのか、大山さんよ。と、嘆いてみたのだ。ただの風景描写から心理面も出て来た様な気がする。

彼の松尾芭蕉も、自分の俳句を何度も推敲したそうである。俳句は文字数も少ないので推敲しやすい。これも俳句の楽しみである。また変わるかも。



posted by masa at 15:17| Comment(0) | 日記