2013年12月03日

還俗。

showPhoto.jpg

ある高名な出家者が「還俗」された。お名前を「柴崎光男」氏と言われる。還俗とは、出家者が我々が生活している俗世に戻ることを指すが、この方の還俗は大変にセンセーショナルなものであった様だ。

鉄人が、アーチャン・チャーを非常にリスペクトしていることは、ブログを読んでいただいている方には周知だが、この柴崎光男氏は、そのアーチャン・チャーの高弟の一人で、「アーチャン・光男・カウェーサコー」師の名で、タイでは最も有名な日本人として、タイの国民に慕われておられた。

葬儀の時、国中から100万人が集まったといわれているほど、国民に尊敬されていたアーチャン・チャーの教えを継承する数少ない精神的指導者として注目されていたアーチャン・光男師の突然の還俗は、タイ国民にとってもにわかには信じ難いニュースとして、大々的に報道された様である。

鉄人も、この事実を昨日たまたま観たネットで知って、大変ショックを受けたのだ。仏陀の教えによれば、最終的な悟りは、出家していないと不可能だそうである。それは、俗世にいる限りすべてを手放し無欲を貫いていては生きていけないという理由からだ。完全なる解脱を成就するには出家は不可欠になる。

光男師は、若くして出家され、40年近い修行を経て今のステージに昇られている。仏道のゴールに最も近い思われる方が、その立場を捨ててまで野に下ったのである。それが鉄人にはまだ理解ができない。

そして還俗してすぐ結婚をされている。写真がその様子である。後ろめたさなど微塵も感じられない達観された表情にも見える。男の修行者にとって、女性の存在は最も修行の妨げになるものである。今回、その女性を修行より大切だと選択され、還俗されたことになるのだろうか。

体調が優れなかったとか様々な憶測が流れているが真実は分からない。ただそれほどの修行者が還俗したという事実。鉄人の修行のあり方にも影響が出てくると思う。

posted by masa at 11:33| Comment(8) | 日記