2013年07月20日

故障。

「波」

DSCF0220.jpg

今朝起きたら、息子が乗っていたセレナが故障して近くのコンビニに投げてあるとかみさんが言って来た。息子は夜中中ライブ撮影をして、朝五時頃帰りにコンビニに寄って出ようとしたら車がまったくピクリとも反応しない。修理工場はまだ開いている時間ではなかったので、店の人に許可をもらって車を置いて来たのだそうだ。

修理工場がまだ開いていないとはいえ、何時までも駐車していたらコンビニに迷惑がかかる。取りあえず鉄人が息子と様子を見に行くことにした。

別の車で三分後にコンビニ到着。早速エンジンを掛けてみるがまったく反応なし。というより照明ひとつ点かない。鉄人の車の知識はペーパードライバー並みである。取りあえず説明書を開く。この時点で考えられる故障の原因はバッテリーあがりかヒューズが飛んだかのどちらかだと判断した。さっきまで普通に動いていたからだ。

修理工場に電話しても出ない。仕方がないのでヒューズを調べてみることにした。沢山有るヒューズをひとつずつ外しては切れていないか確認する。何回かそれを繰り返しているときヒューズのひとつを落としてしまった。ごそごそ探したが見つからない。やばい!!

そんなとき、ふと周りを見渡した。そうしたら何と日産の看板が見えるではないか!!それも20〜30メートルしか離れていないところに!!日産の販売店がすぐ近くにあったのだ。

そこでちょっと計算する。修理工場に頼めばまだ保証期間なので無料で治してくれる。しかし場所が遠いので半日は掛かるかもしれない。販売店は近いが有料だし治せないかもしれない。でも長引けばコンビニに迷惑が引き続き掛かる。

鉄人は近くの販売店に頼むことにした。その販売店には有り難いことに修理工場もあったのだ。ひとり整備士が来てくれて車を診てくれた。それで治ったのか?治ったのである。それもすぐに。それもチョー簡単に!!

故障の原因は何だったのか。それはバッテリーの端子のところが緩んでいたというか締め忘れである。当然締めたら治った。あまりの単純さに口あんぐりである。それを分からなかったバカ親子にも口あんぐりである。ヒューズも探してくれた。

修理代2,000円を支払う。コンビニにも迷惑料として商品をいろいろ買った。元はと言えば何時も頼んでいる修理工場が締め忘れていたことが原因である。仕事中だったらパニくっていたかもしれない。2,000円請求したろか。

まあ大事に至らなくて良かった。そしてペーパードライバー並みの車の知識しかない鉄人が、訳も分からず車をいじってはいけないと猛反省したのである。
posted by masa at 19:09| Comment(0) | 日記