2013年07月14日

成功者の告白。

「夏の思い出」

画像 405.jpg

「成功者の告白」著名な経営コンサルタントである神田昌典氏が書いたビジネス書である。今日は撮影がなかったので、ひねもすこの本を読んでいた。

ビジネス書を読むのは久しぶりである。以前は若くて体力もあり意欲もあったので、友人と会社を立ち上げたり新事業に挑戦したりしていたこともあり、ビジネス書は相当読んだ。

しかし事業の方はあらかた失敗、友人達にも迷惑をかけた。自分には商売は向いてない、そう思った鉄人は千冊以上はあったその本達を古本屋に売り飛ばした。

それからは興味が仏教の方に向き、ビジネス書の出番は無くなった。だが今回新事業を立ち上げるにあたり、多少はビジネスをもう一度勉強しようと考えたのである。

神田昌典氏の本は昔から着眼点が面白く割りと読んでいた。しかしそれらはすべて手元にはない。それで一冊購入したのだ。この本はただの成功指南書ではない。ビジネスの光と影を取り上げた希有な内容だと思う。

ほとんどのビジネス書は、ビジネスを成功させる為に書いてある。この本も確かにそうだが、ただのプラス思考のノウハウ本ではない。成功の裏には失うものも多いとダークサイトの部分をオブラートに包まず書いてあるのだ。

ひとつの方程式として、事業が上手くいってる時は家庭に問題が起きる。事業が低調な時は家庭がまとまる。とか。身に覚えがある。鉄人が我が社を立ち上げた頃は猛烈に忙しく、家庭を顧みる時間がなかった。朝から晩いや翌朝までスタジオに缶詰になり撮影をしていた。たまに家に帰っても見るのはこどもの寝顔だけという日々が続いていたのである。

そこでスタジトと自宅が一緒になった建物を建てたのだ。家庭に問題があった訳ではないがこのままではマズいと思ったのは確かだ。今は昔程忙しくはない。当然その分低空飛行ではある。だが家族は協力しあって仲が良い。方程式に当てはめても当たっていることになる。

小説仕立てこの本では、起業した主人公は辛酸を舐めながらも一応最後では成功する。しかし現実はそこで終わらない。紆余曲折はその主人公が死ぬまで続く。そして何時かはその会社も消えて行く。それが現実であり無常なのだ。

ビジネスは成功しても失敗してもどっちみち苦しみである。鉄人が今進めている事業も同じである。どっちみち苦しいということを覚悟しなければならない。この本はそれも大切なこととして教えている様だ。

ビートルズは欲しいだけの金を儲け、好きなだけの名声を得て、何も無いことを知った。  

                             ジョン・レノン

posted by masa at 00:51| Comment(6) | 日記