2013年06月28日

金曜大工。

「作品」

写真.jpg

今日は撮影が少なく画像処理の仕事も無かったので、日曜大工ならぬ金曜大工をやった。死蔵していたCDをもう一度甦らせる為に、便利な場所にCD用の棚を作ろうと思い立ったのだ。

最初は棚を購入しようかとも考えたのだが、金が勿体ないしかみさんから予算をもらえそうにもない。また既製品には自分が思う様なものがなかなか見つからないので、自分で作ることにした。

鉄人は不器用である。こどもの頃、絵は周りのガキよりは上手かったが、工作は好きな割には下手だった。何を作らせても必ず何処かを失敗する。落ち着きのなさは天下一品だったので工作には向いてなかったのであろう。

完成品は既に頭の中にある。後は実行するだけである。まず撮影で使っていた焼き杉の板を使うことにした。和風なのでスタジオのイメージに合うかなとも思ったが代替えがない。

例の如く図面はなし。いらちなのでそく制作である。細かいことはしない。否、出来ない。ノコギリで板を適当に切って、それを釘で打ち付けるだけである。プロとアマの差は細部の始末に必ず出てくる。だから細部を見なければ良いだけだ。

負荷にさえ耐えられれば棚として完全に機能する。デザインも自分で考えたのだから不満はあっても言いに行く相手がいない。諦められる。

材料はスタジオの中にあるものを使ったのでタダであった。焼き杉も意外に良い味を出している。CDの重さにも今のところ耐えている。適当に飾りを置いたらなかなかいけるではないか。息子も「良いじゃん」と言ってくれた。勿論彼は細部を見ていない。

写真はその棚である。いかがであろうか? アイフォンで撮ったので微笑ましくなる様な細部をお見せできないのが残念である。
posted by masa at 21:52| Comment(0) | 日記